ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》ジャノー検察庁長官=エイケ被告への人身保護令無効を求める=被告はメンデス判事の妻の顧客で、同判事の中立性に疑念と語る=判断はカルメン最高裁長官の手に

《ブラジル》ジャノー検察庁長官=エイケ被告への人身保護令無効を求める=被告はメンデス判事の妻の顧客で、同判事の中立性に疑念と語る=判断はカルメン最高裁長官の手に

ロドリゴ・ジャノー長官(Marcelo Camargo / Agência Brasil)

ロドリゴ・ジャノー長官(Marcelo Camargo / Agência Brasil)

 ロドリゴ・ジャノー連邦検察庁長官は8日、ジウマール・メンデス連邦最高裁判事を、エイケ・バチスタ被告関連の司法手続きから外すことと、同判事が4月28日に認めた、ラヴァ・ジャット作戦で逮捕されていたエイケ被告に対する人身保護令適用を無効化することを求めたと、9日付現地紙が報じた。

 ジャノー長官は、今回の要請の理由として、メンデス判事の妻、ギオマール・メンデス氏が、エイケ被告の弁護を行っているセルジオ・ベルムデス弁護士事務所の共同経営者であることを挙げている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ