ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | リオ州ラヴァ・ジャットでも新展開=カブラル被告の元妻宅から芸術品押収=不審な金の動き問われる現妻

リオ州ラヴァ・ジャットでも新展開=カブラル被告の元妻宅から芸術品押収=不審な金の動き問われる現妻

尋問を終えて裁判所を出るアドリアナ被告(Fernando Frazão/Agência Brasil)

尋問を終えて裁判所を出るアドリアナ被告(Fernando Frazão/Agência Brasil)

 リオデジャネイロ州でのラヴァ・ジャット作戦(LJ)で、元知事のセルジオ・カブラル被告の妻らを巡り、新たな動きがあったと9、10日付現地紙サイトなどが報じた。
 8日は、リオ州イタイパヴァとミナス・ジェライス州サンジョアン・デル・レイにある元妻スザナ・ネーヴェス氏の家2軒で家宅捜索が行われ、ルーベンス・ジェルキマンの「オ・ベイジョ」などの芸術品やサントス時代のペレのシャツなどが押収された。同氏の家や物件購入資金は、カブラル被告を頭とする犯罪集団が受け取った賄賂の一部と見られている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ