ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル・LJ作戦》サンターナ被告の報奨付き供述公開=「全てルーラ元大統領の指示だった」=妻のモウラも同様の供述=ルーラ尋問と矛盾する内容=「証拠能力なし」とルーラ弁護団

《ブラジル・LJ作戦》サンターナ被告の報奨付き供述公開=「全てルーラ元大統領の指示だった」=妻のモウラも同様の供述=ルーラ尋問と矛盾する内容=「証拠能力なし」とルーラ弁護団

サンターナ被告(右)とモウラ被告(左)が、ルーラが裏帳簿の存在を知っていたことを供述したと報じた12日の伯字紙

サンターナ被告(右)とモウラ被告(左)が、ルーラが裏帳簿の存在を知っていたことを供述したと報じた12日の伯字紙

 ラヴァ・ジャット作戦(LJ)において、資金洗浄などの容疑で起訴され、実刑判決も受けたジョアン・サンターナ被告と妻のモニカ・モウラ被告が、報奨付供述で、ジウマ前大統領とルーラ元大統領(共に労働者党・PT)は、大統領選での経費や報酬の大半が、建設大手のオデブレヒト(O)社が正式な献金として払った金と、隠し口座に振り込んだ金で支払われた事を知っていたと語ったと、12日付現地各紙が報じた。

 サンターナ被告らは、ルーラ氏の06年大統領選と、ジウマ氏の10、14年大統領選の時の選挙参謀で、PTの知事や議員の選挙にも関与していた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ