ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》テメル政権発足から1年=信頼回復するも経済は足踏み=想像以上に重かった負の遺産

《ブラジル》テメル政権発足から1年=信頼回復するも経済は足踏み=想像以上に重かった負の遺産

「勇気と実働、前進」と銘打った1周年記念の閣僚会議(Beto Barata/PR)

「勇気と実働、前進」と銘打った1周年記念の閣僚会議(Beto Barata/PR)

ジウマ前大統領の罷免手続きの前進に伴い、ミシェル・テメル氏が暫定大統領に昇格、就任してから丸1年の12日、テメル大統領は全閣僚を集めて1年間の総括などを行ったと同日付現地紙・サイトが報じた。
 ジウマ氏を弾劾裁判にかける事と、大統領としての職責停止が決まったのは16年5月12日朝。テメル氏はその日の内に閣僚24人の就任式を行い、新政権をスタートさせた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ