ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 17日に暴露されたJBS社社主ジョエズレイ・バチスタ氏の報奨付供述で、上議資格停止とPSDB党首辞任に追い込まれたアエシオ・ネーヴェス氏が、23日に釈明のビデオメッセージを公開した。同氏は「私は公職の立場において、一度たりとも不当な金銭的利益を得たことはない。供述を行った人物は私を罠にはめた」と論じた。公開された録音の中でジョエズレイ氏に金銭を求めた下りについては、「あれは別の契約事項の中でのこと」という。前回大統領選で、ジウマと一騎打ちを演じ、勝利寸前のところまで行った同氏だが、金の受取役を演じて捕まったいとこの父は「奴には倫理のかけらもない。これで政治生命も尽きた」とネット上で吐露した。
     ◎
 ロドリゴ・ロシャ・ロウレス容疑者(下議停職中)が22日、JBSから受け取った賄賂50万レアルの現金入りトランクを連警に提出したが、警察が数えてみたら46万5千レアルしか入っていなかったという。警察により、ピザ店で金を受け取り、タクシーのトランクに入れて逃げたところまでバッチリ撮られた同容疑者。「足りない3万5千レアルはどこだ」と追求されるのは確実だが、本当に46万5千レアルしか入ってなかったとしたら…?
     ◎
 JBS供述後、審議開始2日目となった連邦議会だが、23日は下院で怒号が飛び交い、議員同士が押し合いへし合うという場面が見られた。議会の外では、労働法改正などの諸改革に反対する社会運動家らが、五つの省庁に侵入し、器物を損壊したりする騒ぎも起きたため、安全確保のための軍も派遣された。国政平静化の道はどこに?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 軍政令第5条(AI5)から50年=軍事政権2018年12月13日 軍政令第5条(AI5)から50年=軍事政権  1968年12月13日、「ブラジルの軍事政権史上、最悪の悪法」と呼ばれた「軍政令第5条(AI5)」が通過。ブラジルは20世紀最大級の激動を生きることとなった。  事の発端は、同年3月28日にリオの大学生エジソン・ルイス・デ・リマ・ソウトさんがリオの軍隊に殺害されて大 […]
  • まるで「ロッキードの後の2・26」2018年10月19日 まるで「ロッキードの後の2・26」  大統領選はどうやらジャイール・ボルソナロ氏(社会自由党・PSL)の勝利で揺らぎそうにない勢いになってきているが、先日、コラム子は同氏の政見報道を見て、大きな違和感を覚えた。それは、この10数年間というもの間、ブラジルや南米があたかも左翼勢力の支配の抑圧下に置かれている […]
  • 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄2018年10月9日 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄  春にしては寒い10月7日、ブラジル全土で大きな事故もなく、総選挙が行われました。  注目の大統領選挙では強硬派と言われるボルソナロ(PSL党)が5千万近い票を集めて1位、ハダジ(PT党)が3千万票で2位となり、この二人で10月28日の第2次選挙が争われることになりま […]
  • 大統領選の行方は、本当に「不透明」か2018年8月28日 大統領選の行方は、本当に「不透明」か  23日のブラジル日本商工会議所の部会長シンポ(7面に詳報)で驚いたのは、口裏を合わせたかのように大半の発表者の口から「大統領選の行方が不透明」という言葉が出てくることだった。つまり極右ボルソナロ、左派のマリナやシロ・ゴメスが当選して極端な経済政策をとって混乱するのでは […]
  • 新年は「最終決戦の年」=LJの今後はいかに?=選挙の結果で左右される捜査=試される国民の理性や倫理2017年12月29日 新年は「最終決戦の年」=LJの今後はいかに?=選挙の結果で左右される捜査=試される国民の理性や倫理  2014年3月17日に始まった連邦警察のラヴァ・ジャット作戦(LJ)も、4回目の年越しとなった。パラナ州クリチバでの捜査はその前に始まっており、5年越しの汚職摘発となる。 16、17年の動向は?  2016年は、最高裁のテオリ・ザヴァスキ判事が急逝し、後任のL […]