ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》マリア・バストス社会経済開発銀行総裁辞任=融資引き締めに産業界が反発=連警捜査の打撃も大きく

《ブラジル》マリア・バストス社会経済開発銀行総裁辞任=融資引き締めに産業界が反発=連警捜査の打撃も大きく

マリア・シルヴィア・バストス元BNDES総裁、就任から1年ほどで辞任となってしまった。(写真は昨年の就任式の様子 - Lula Marques/Agência PT)

マリア・シルヴィア・バストス元BNDES総裁、就任から1年ほどで辞任となってしまった。(写真は昨年の就任式の様子 – Lula Marques/Agência PT)

 社会経済開発銀行(BNDES)総裁のマリア・シルヴィア・バストス氏が26日に辞職したと、27日付現地紙が報じた。
 後任には地理統計院(IBGE)のパウロ・ラベロ・デ・カストロ氏が就く。また、バストス氏に仕えたBNDES幹部たちは、引継ぎだけを行う。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ