ホーム | 連載 | 2017年 | 『百年の水流』開発前線編 第三部=リベイラ流域を旅する=外山 脩 | 『百年の水流』開発前線編 第三部=リベイラ流域を旅する=外山 脩=(4)

『百年の水流』開発前線編 第三部=リベイラ流域を旅する=外山 脩=(4)

桂植民地(Ⅲ)

桂植民地の廃屋 中村家(福澤一興氏提供)

桂植民地の廃屋 中村家(福澤一興氏提供)

 二艘のボートは、河面を切る様に走って行く。
 やがて岸の疎林の中に、小屋が一つ見えた。福澤さんによると、入植者がピンガを造っていた処らしい。とすると、陸地はすでに桂植民地の跡なのである。筆者は数十分前、イグアッペ文協で、昔、この辺りでピンガを造っていた西舘正和という老人に会っていた。
 文協の役員の中に、息子さんがおり、筆者の取材目的を知ると、一旦家に帰り、父親を連れてきてくれたのである。
 西舘老は1922(大11)年の生まれと、自己紹介をした。(91歳‥‥)と筆者は暗算しながら、わざわざ足を運んでくれたことに感謝した。
 老は少年期に家族移住をし、1933年、桂に入った。その年、入植20周年のフェスタがあったが、住民は25~30家族で、初年度からの人は居なかったという。つまり皆どこかへ移動してしまっていたのだ。実は彼らは、もともと農業者ではなく、カフェー園の生活や労働に辟易、逃げ出してきた──という経歴の持ち主であった。移動したのは、その所為もあったろうし、ここに魅力を感じなかったことにもよろう。
 老は「(自分は家庭の事情で)16の時から借用証を書いて(資金作りをし、その責任を負って)仕事をした」と、往事を述懐していた。
 ボートは、さらに行く。やがて速度を落として舳先を岸に向けた。前方にやや大きな建物が現れた。壁が落ち煉瓦が露出している。後で、これが桂植民地のかつての倉庫兼事務所だと知った。ボートは小さな船着き場に近づいた。複数の人影が見えた。果たして彼らは、我々が立ち入ることを許すだろうか?
 しかし、ひと足早く上がったカブラールさんが話すと、快く迎えてくれた。その上親切にも、トラトールに荷車をつけ我々を乗せ、植民地跡を案内してくれるという。
 トラトールが動き始めた。マットが続いていた。営農を放棄した後にできた再生林である。それ以外は何もない。トラト―ルが止まった。入植者が住んでいた家が一軒残っているという。我々は降りて雑草の中を、そちらへ歩いて行った。
 軒の下、地面に無数の空き瓶が放置してあり、それが泥に塗れていた。中に入った。そこは土間だった。一部が床のある部屋になっている。壁は板製で隙間が多く、光が射し込んでいる。壊れた雑多な家具が散らかっており、足の踏み場もない。廃屋そのものだった‥‥。
皆、口数少なく、外に出た。                                                          
 この植民地の主作物は最初は米で、しばらくは好調であった。市況が良かったことによる。が、それは1923年をピークに下降を続けた。
 一部の人はピンガ造りに転じた。原料のカナは良くできた。他にも種々試みた。が、長期的には住民は減り続けた。その最大の理由は、唯一の輸送・交通手段であった蒸気船の運航回数の減少である。これは打撃であったようだ。
 それでも西舘さん一家は1975年まで頑張った。が、結局イグアッペの町に出た。その時、中村、小野の二家族が残っていたという。筆者は後日、レジストロで、中村家の家人に会うことができた。彼女は言葉少なく、こう語った。
 「お爺さんの名は伊作、お父さんは忠雄、もち米をつくって船でイグアッペの町に運んでいました。私は1965年の生まれで、西舘さんの子供たちと小学校に通いました。11才の時、レジストロの親戚に預けられることになり(植民地を)出ました‥‥」
 それから31年後の2007年、中村家も遂に桂を去りレジストロに移った。我々が訪れた2013年から数えて、僅か6年前のことである。その時までランプ生活であったという。(小野家については、それを知る人に会えなかった)
 トラトールは先に進んだ。森の中の処々に小さな平地があり、牧柵が残っていた。畑の跡をパストに利用していたのだ。我々はリベイラ河の岸に戻った。筆者は、桂が、どうなっているかを、自分の目と足で確認できた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第82話2020年11月27日 中島宏著『クリスト・レイ』第82話  上塚が新たに植民地を創設するという話があちこちの地方の日本人移民たちに伝わると、多くの希望者たちが競うようにして集まって来た。その中には、今村の隠れキリシタンの人々も含まれていた。前述したように、この時点での移民たちは、まだ余裕などなく、分譲地であるにしても、それを即金で払え […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第76話2020年11月17日 中島宏著『クリスト・レイ』第76話  やっと手に入っても、満足するような量はなく、おまけにその価格は驚くほど高いものであった。しかし、背に腹は代えられず、とにかく入手できるものはすべて購入し、マラリアに罹った人々に与えた。それによって小康状態を保ち、徐々に回復して行く人々もいたが、それでも犠牲者の増加は後を絶たず […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(8)2020年9月19日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(8)  のちに日本新聞を始める翁長助成(おながすけなり)は、日伯新聞の主筆をやった時代がある。翁長と親交の深かった河合武夫は「モッカの場末のポロン(地下室)ではグーデンベルグが創始した頃のような手刷りの印刷機で双肌脱いだ元気の若い彼(翁長)が、気合諸共エイッと一枚ずつ刷る。十 […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(249)2020年5月8日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(249)  ほんの少しの暇があれば、浜辺にいける。宿直がない水曜日か木曜日の夜、サントスのヴィラ・ベルミロ球場まで足を延ばしサッカーの試合が見られるかもしれない。チームにはジット、ラエルシ、フォルミガ、ペペ、パゴゴアンなどの名選手がそろっていた。また、ペレーとかいうおかしな名前の少年が頭 […]
  • わが体験的感冒予防法=サンパウロ州アルミニオ市在住 塩見岳人(しおみがくんど)2020年4月14日 わが体験的感冒予防法=サンパウロ州アルミニオ市在住 塩見岳人(しおみがくんど)  「二十年以上風邪をひかないんですよ」と言うと、人の反応はさまざまである。信じる人、信じない人に分かれるのだが、信じるにしても素直には信じない。あるいは、――自慢しているナ、もしかしたら嘘かも知れない――と思われて話がシラけてしまう。  「ほう」と言ってニヤニヤして私 […]