ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》JBSジョエズレイ社主=「テメルは犯罪組織のボス」=エポカ誌の取材でまたも攻撃=クーニャやジェデルに関しても=デラソンの内容との矛盾点も

《ブラジル》JBSジョエズレイ社主=「テメルは犯罪組織のボス」=エポカ誌の取材でまたも攻撃=クーニャやジェデルに関しても=デラソンの内容との矛盾点も

17日発売のエポカ誌

17日発売のエポカ誌

 JBSショックの仕掛人、ジョエズレイ・バチスタ氏が17日発売の「エポカ」誌に対し、テメル大統領に対する新たな疑惑を投げかけ、さらに16日午前には連邦警察への報奨付供述(デラソン・プレミアーダ)も行った。17~19日付現地紙が報じている。

 11日に帰国したジョエズレイ氏は連警での供述より前にエポカ誌のインタビューに答え、「テメル氏はブラジルで最も危険な犯罪組織のボス」とした。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ