ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 「人種差別」?、それとも?=期待の女性シンガーソングライターの相次ぐ騒動

「人種差別」?、それとも?=期待の女性シンガーソングライターの相次ぐ騒動

 ブラジル国内で早くから「天才女性シンガーソングライター」と目されて来た期待のアーティストが、待望の新作発表のタイミングで、相次ぐ「人種差別」のトラブルに巻き込まれた。
 マルー・マガリャンエス(24)は16歳だった2008年に、ネット上で発表した自作曲の音源が世に認められてデビューし、一躍、「ブラジル音楽界期待のアーティスト」と目されるようになった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ