ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》癌治療事情=公共医療機関の間で格差=治療ガイドラインも不徹底=化学療法を自ら調べた患者も

《ブラジル》癌治療事情=公共医療機関の間で格差=治療ガイドラインも不徹底=化学療法を自ら調べた患者も

世界献血者デー記念イベント出席時のリカルド・バロス保健相(José Cruz/Agência Brasil)

世界献血者デー記念イベント出席時のリカルド・バロス保健相(José Cruz/Agência Brasil)

 ブラジル保健省管轄の統一医療保健システム(SUS)は、国と州、自治体が連携し、全国民が公共の病院や医療センター、保健所などで無料または安価で医療を受けられるシステムだが、癌治療においては医療機関ごとに格差が存在すると、27日付現地紙が報じた。
 現在40歳のトレドさんは6年前に乳癌に犯されている事が分かり、SUSで7種の化学療法を受けたが、日に日に治療の選択肢が減っていくのを実感していた。「常に治療手段のことを調べてきた。でも、知れば知るほど、ネガティブな側面も見えてきた」と語る。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ