ホーム | 文芸 | 連載小説 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(13)

わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(13)

 4~5月と厳しい訓練所生活にも馴染み入所から3カ月、ひたすら農業実習と軍事教練に明け暮れていたが、5月にはアッツ島の日本軍守備隊が全滅し国民に大きなショックをあたえたばかりでなく、戦局は緊迫状態に陥っていた。皇国日本の軍隊も強烈な連合軍の勢力に抗しきれず、一層厳しさを増し空軍の制空権は奪われていた。日本軍戦局は後退の一途、その中でわが青少年義勇軍富山中隊は、国内食糧生産が急務とばかり勤労奉仕活動に挺進、7月には長崎、佐賀、熊本の出身県へそれぞれ1ヶ月所外訓練として幹部同伴で各々出身県への奉仕活動にでた。沖縄は3県に配分され、私は佐賀県に参加させられた。
 国内男子青年は、軍に応召され労力不足となり銃後の守りは婦女子ばかり、そのため訓練所に勤労奉仕の依頼が殺到したものと思われる。8月も続き11月までそれぞれ富山中隊は所外訓練の奉仕活動が続いた。7月 1ヶ月間、各農家に配属それぞれ農家の指示によって農作業に従事奉仕作業。熊本県、佐賀県、長崎県の各県出身者に沖縄県出身者は3等分して各県約75名当りがそれぞれの県で奉仕活動。
 8月 兵庫県淡路島で1ヶ月間、主として蓮根(ハス)の栽培と収穫作業。
 9月 海道十勝清水町 牛馬の飼育と冬期保存資料(サイロ)作り。
 10月 玉県鴻の巣国立農事試験場勤労奉仕作業。
 11月 長野県松本地区ダム建設工事勤労奉仕作業。
厳寒の満州に行っても農耕不可能を見越した処置であったであろうが、8月にはドイツ・イタリア・日本の3カ国枢軸国中のイタリアのムッソリーニ政権は連合軍に敗れ降伏してしまった。いよいよ戦局は激しさを増し制空権ばかりでなく制海権も奪われてしまい、私たちの渡満もどうなることやら不安視されていた。

2 渡 満
當山中隊の渡満に際しては下記人容と隊員数だった。
指導員 中隊長 當山三次郎
    教 練    浜本勝美
    庶務・経理  樽崎 正幸
    現地にて寮母  諸岡津ゆ
内訳: 佐賀県 47名  長崎県 51名
    熊本県 69名  沖縄県 54名
              計  221名

 隊員は将来一つの村を構成する一員のため、1ヵ年の訓練で得た構成隊員にふさわしくない隊員が数名除外されていた。
◎渡満行
 1944年(昭和19年)3月25日 内原訓練所出発(経路)内原→東京→伊勢→京都→下関(関釜連絡船→釜山→安東→ハルピン→一面坡1944年3月には内原訓練所入所して1ヵ年目になる。渡満こそ目的の訓練ながらいつの日かと待機していた。期せずして入所した2月末同日に内原駅渡満街路を渡ることになった。
 しかも時局柄全然予期しなかった東京見物を始め、京都の仏閣浄土に参拝、母国に別れを告げるべく法式の参拝だったようである。
 生まれ故郷に別れ第二の祖国建設に挑戦の目前それが当然の行為だったのかも知れない。そして無事に目的地に到着を祈願したのである。京都の蓮華王院本堂三十三間堂だとか左甚五郎や藤原義満将軍と鹿苑寺(どくおんじ)俗に金閣寺を参拝したことなどうすら覚えている。また歴史的に明声ある三重県宇治山田の伊勢神宮にも参拝したが、その内容と意義は知らなかった。但し汽車の窓から眺めた二見浦(ふたみがうら)の夫婦岩やその海岸景色には興味深く見たことは鮮明に覚えている。こうして富山中隊(221人)一行は日本に別れを告げ九州の博多を目指して汽車に乗り込んだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=(84) =  山城 勇2017年10月26日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=(84) =  山城 勇  金城ウト(沖縄系2世第1号)に聞く1908年(明治41年)6月18日、第1回ブラジル移民、笠戸丸乗船者の沖縄県人の家族構成49家族の中に、宮平牛助(26歳)を家長として、妻カメ(26歳)甥の比嘉善太郎(13歳)、妻の従兄山城武太(27歳)、妻の従弟比嘉松助(18歳)、従弟玉城 […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (86) =   山城 勇2017年10月28日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (86) =   山城 勇   地域別にみると、在住者数の多さに比例してブラジル、ペルー、ハワイ・・・・の順となっている。  特に、ブラジルの788人、ペルーの471人については、両国の最近の政治、経済状況からすると当初予想をはるかに上回る参加者数となっている。    ヨーロッパの諸地域に […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて =(79)=山城 勇2017年10月20日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて =(79)=山城 勇  翁長の意志を継いで現在は長男英雄『ジョルナル・ブラジレイロ』編集長、元植木大臣の補佐官をして10年間一緒に働いた)を筆頭に四男一女みんなジャーナリストとして新聞関係で活躍しています。    現在、孫14名、ひ孫が11名で翁長一族は今やブラジルの大地に完全に根をお […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (83)  山城 勇2017年10月25日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (83)  山城 勇  山戸は、急遽母国沖縄に妻子を連れて帰国しました。1927年の事でした。  その帰途四国の高知県に妻の実家を訪ね、3ヶ月滞在した後ブラジルに帰省した。  2度目の訪日は1968年で、米軍政の統治下にある郷土を再度訪問し、その変貌ぶりに驚愕したという。 篠原恵美子―― 父は […]