ホーム | ビジネスニュース | 《ブラジル》労働法改正=上院憲政委を16対9で通過=法案内容の調整は暫定令で=来週本会議裁決の見込み

《ブラジル》労働法改正=上院憲政委を16対9で通過=法案内容の調整は暫定令で=来週本会議裁決の見込み

上院CCJでのエウニシオ・オリヴェイラ上院議長(左)と、ロメロ・ジュカー上議(右)(共にPMDB - Lula Marques/AGPT)

上院CCJでのエウニシオ・オリヴェイラ上院議長(左)と、ロメロ・ジュカー上議(右)(共にPMDB – Lula Marques/AGPT)

 【既報関連】上院憲政委員会(CCJ)で29日の夜、労働法改正法案の採決が行われ、上院政府リーダーのロメロ・ジュカー上議(民主運動党・PMDB)の報告書が賛成16、反対9、棄権1で承認された。同改正法案は来週中にも上院本会議にかけられる見込みだと、29日付現地紙が報じた。
 CCJが13時間に及ぶ審議の後、予想を上回る賛成票で同改正法案を可決したことは、現政権にとり、大統領起訴後、初めての勝利で、20日の社会問題審議委員会(CAS)での敗北の傷跡を癒し、本会議承認に向けた票固めにも勢いがついた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ