ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 6月30日に最高裁のマルコ・アウレリオ・メロ判事の判断で上議職に復帰したアエシオ・ネーヴェス氏。同氏はこれを受けて、「この国の司法は正しいといつも信じていた」と語り、さらに、絶望的とも思われていた18年大統領選の民主社会党からの候補の座も引き続き目指していく意向を示した。もっとも、これで無罪になったわけではなく、まだ最高裁第1小法廷での審理は残っている。他方、テメル大統領元側近のロドリゴ・ロシャ・ロウレス氏も釈放され、自宅軟禁に扱いが変わった。同氏の扱いが変わってもテメル大統領への世間の見方が緩和するわけではないが、今後が気になる話ではある。
     ◎
 ブラジルの南部や南東部などでは、10月後半から翌年2月後半まで、時計を1時間進める夏時間を採用している。これは明かりをつける時間が遅くなるなどの、節電効果に期待した措置だった。だが、エアコンの普及により、「日の明かり」を遅くまで使う事による節電効果をエアコンによる消費電力上昇分が上回り、効果が望めないという鉱山動力省の調査結果が出た。寒い最中に夏時間の話でもないが、今年の採用はどうなるのだろう?
     ◎
 ブラジル代表が4年前の前回大会で優勝したサッカーのコンフェデレーションズ杯は、若返ったドイツが優勝。これにより、ブラジルは、FIFAランキング首位の座をドイツに明け渡すことになった。そのこと自体は来年のW杯には直接は関係ないが、むしろ気になるのは、今大会でドイツが主力を温存し、控え選手主体で優勝していること。来年のW杯でも手ごわい存在になりそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年6月2日 東西南北  9四半期ぶりに国内総生産(GDP)が上昇、しかも上がり幅も大きかったとあってテメル大統領は大はしゃぎ。エンリケ・メイレレス財相と共に「遂にリセッションは終わった」と自信満々に語っている。ただ、それで世間が大統領を見直す雰囲気はまだ感じられない。それはJBSショック以降、自身の […]
  • 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯2019年2月9日 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯  チリで行われているサッカーU20南米選手権の最終ラウンド第4節で、ブラジル代表は7日のエクアドル戦に0対0で引き分け、最終ラウンド2分2敗の勝ち点2で最下位となり、上位4位までに与えられるU20W杯(5―6月、ポーランド開催)の出場権獲得が極めて厳しくなった。  同 […]
  • 東西南北2019年2月6日 東西南北  サンパウロ市は1月に大雨により記録的な倒木が記録されたと報じたばかりだが、今月初の大雨を記録した4日未明から午前にかけて、ほんの数時間だけで市内で32本の倒木を記録した。また、今回の雨はサンパウロ州のほかの地域にも強い影響が及び、サントスなど海岸部では、今回の雨だけで2月に見 […]
  • 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる2019年2月5日 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる  チリで開かれている、サッカーのU20南米選手権で、6カ国による最終ラウンドに進出しているブラジルは、ベネズエラに0対2で敗れ最下位に転落。上位4位までに与えられる、U20W杯(5―6月、ポーランド開催)出場権獲得に黄色信号が灯った。  南米サッカー連盟所属10カ国が […]
  • 東西南北2019年1月31日 東西南北  30日付フォーリャ紙によると、ボルソナロ政権内で、ボルソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボルソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか […]