ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 俳誌『朝蔭』452号が6月に刊行された。《わが齢八十路の坂や秋の暮れ》《この年でバレンタインのチョコ貰う》(藤本千秋)はちょっとほほ笑ましい光景。《移住地の鳥居広場や秋桜》(山下志げこ)は、入口に立派なのが立つコロニア・ピニャールらしい作品。《南部鉄とブラジル風鈴競ひ鳴る》《爺ちゃんの看取りにやさし団扇風》(川上佐智子)はその場に居合わせたような「風の流れ」を感じさせる句。しんみりとした句が好きな人には《我に寄る妻の化身か秋蛍》(青木駿浪)。《柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺》ならぬ、《柿食えば声援聞こゆ草サッカー》(高荒やえ子)もブラジルらしい一句。今回も秀作ぞろい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年7月24日 大耳小耳  23日付け本紙1面には日本政府が、G20で開催された「日・ブラジル首脳会談」の内容を報告する広告を掲載している。日本政府が邦字紙を通して、直接に在外邦人に知らせる画期的な取り組みであり、今後も両国の節目節目に期待されるところ。日本政府のこのような取り組みに関してご意見がある読 […]
  • 大耳小耳2019年7月23日 大耳小耳  本日1面には日本政府が、G20で開催された「日・ブラジル首脳会談」の内容を報告する広告を掲載している。日本政府が邦字紙を通して、直接に在外邦人に知らせる画期的な取り組みであり、今後も両国の節目節目に期待されるところだ。ぜひ、読者の方で日本政府のこのような取り組みに関してご意見 […]
  • 大耳小耳2019年7月20日 大耳小耳  「第58回パラナ民族芸能祭」が6月30~7月12日、同州クリチバ市のグアイーラ劇場で開催され、6日にはクリチバ日伯文化援護協会が日本の伝統芸能を披露した。同会評議員を務め、芸能祭では宗教法人「生長の家」コーラス隊で出演し、『銀色の道』『花』を披露した笹谷宏一さん(76、二世) […]
  • 大耳小耳2019年7月19日 大耳小耳  大空不動産(リベルダーデ区グロリア街466番)では先週土曜日、13日未明にコンセントから出火してボヤとなった。すぐに消し止められたが、カベがススで真っ黒になるなど、全面復旧するには1カ月近くかかるのではとの話もある。コンピューターは復旧したので、家賃の支払いや受け取り業務など […]