ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》汚職に最も手を染めた政党は?=64%が労働者党と答える

《ブラジル》汚職に最も手を染めた政党は?=64%が労働者党と答える

 調査会社Ipsosが6月1~13日に全国72市、1200人を対象に行った調査によると、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)で捜査の対象となった政党中、汚職に最も手を染めた政党は労働者党(PT)と見ている国民が64%いる事が分かった。
 14年3月に始まったLJ作戦は、ペトロブラスを巡る汚職などを次々に告発。パラナ連邦地裁のセルジオ・モロ判事は既に、11人の政治家に有罪判決を言い渡した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ