ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | サンパウロ総合大学=人種別入学枠採用を決定=サンパウロ州内の人口比率に合わせる=「これで医学部目指せる」の声も

サンパウロ総合大学=人種別入学枠採用を決定=サンパウロ州内の人口比率に合わせる=「これで医学部目指せる」の声も

USP中央広場の時計塔(Wikimedia Commons)

USP中央広場の時計塔(Wikimedia Commons)

 【既報関連】サンパウロ総合大学(USP)の大学審議会は4日、2018年の入学試験から全学で、社会階級別、人種別の入学枠を採用することを決定したと、5日付現地各紙が報じた。
 USPは18年までに全学部の新入生の50%を公立校出身者とする目標を立てていたが、現状は37%と程遠い。今回は、医学部も公立校出身者の枠の導入を認めたため、目標達成を21年まで延長する事と年次目標が定められた。18年は各学部の新入生の37%を公立校出身者とする事を目指し、19年はその比率を各学科で40%、20年は各学科各コース(夜間などを含む各課程)で45%、21年は各学科各課程で50%と上げていく。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ