ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 今週末の日本祭りに向け各県人会は準備の真っ最中。そんな中、大分県人会の名物「鶏めし」を試食する機会があった。鶏めしは20年前に料理漫画で紹介されたのを皮切りに一躍有名になった。その後、同県人会が日本での話題を聞きつけてメニューに取り入れ、今では「だんご汁」と双璧をなす人気だとか。同県人会の伊東信比古さんは「今はインターネットでレシピを調べてすぐ作れる」と話す。とはいえ、食欲をそそるにんにくと香辛料による味付けは独自のもので「研究を重ねた味。すぐには真似できない」と付け加えるのを忘れない。趣向を凝らした料理が並ぶ日本祭り。今週末も寒さが続くらしいから、温かい料理をぜひ楽しんでみては?
     ◎
 ジャパン・ハウス(平田アンジェラ館長)の特別企画展示『竹―日本の歴史』は9日まで。そのフィナーレに相応しく、7、8日には、同館2階に飾られている田辺竹雲斎さんの作品『コネクション』の解体セレモニーが行われる。接着剤を一切用いずに、縄文時代から受継がれてきた伝統的技法だけで編みこまれた約5千本もの竹ひごからなる作品を解体するというもの。田辺さんによれば、一度制作し展示が終了すると解体され、元に戻った竹ひごは次の作品へと循環される。これこそが「未来へ繋ぐアートの形」だという。次の展示は、隈研吾氏の建築展が17日から。株式会社「竹尾」の『紙』に関する展示が29日から開催予定。引き続き伯人の関心を引くことができるか、次の展示にも注目したいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年7月26日 大耳小耳  ブラジル日系熟年クラブ連合会の機関誌『ブラジル老荘の友』545号を見ていたら、羨ましい話が出ていた。毛利ペドロさんの投稿によれば、妻と二人で金婚旅行に日本45日間めぐりをしたという。下関でフグ料理、富山でホタルイカ、宮城県の松島ではイカやカキ、北海道の函館ではタラバガニやイク […]
  • 大耳小耳2019年6月25日 大耳小耳  あるぜんちな丸で南米に渡った日本人移民を半世紀にわたり記録したドキュメンタリー番組の「完全版」が、日本時間の26日午前0時45分から3夜連続で、NHKの衛星放送(BS1)で放送される。1968年に南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」が放送され、その後も移 […]
  • 大耳小耳2019年6月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』第474号が4月に刊行された。《春雷の一喝に雨上がりたる》(秋村蒼一郎)からは、昔風の「怖いオヤジ」のような自然への畏敬と敬愛が感じられる。《老いの掌に三度叩きて蚊を逃す》(杉本三千代)には、電撃ラケットをお薦め。鈍る動きを文明で補う? 《人家埋めダムも決壊秋出水 […]
  • 大耳小耳2019年5月23日 大耳小耳  6月2日に「健康体操の日」「協会創立13周年」フェスティバルを主催するブラジル健康体操協会は、日本のNPO法人「全日本健康音楽研究会(齋藤千代子会長)」の伯国支部だ。これは中高齢者の健康増進を目的に、童謡やよく知られた楽曲に合わせストレッチ体操や気功体操を行うもの。ストレッチ […]