ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 今週末の日本祭りに向け各県人会は準備の真っ最中。そんな中、大分県人会の名物「鶏めし」を試食する機会があった。鶏めしは20年前に料理漫画で紹介されたのを皮切りに一躍有名になった。その後、同県人会が日本での話題を聞きつけてメニューに取り入れ、今では「だんご汁」と双璧をなす人気だとか。同県人会の伊東信比古さんは「今はインターネットでレシピを調べてすぐ作れる」と話す。とはいえ、食欲をそそるにんにくと香辛料による味付けは独自のもので「研究を重ねた味。すぐには真似できない」と付け加えるのを忘れない。趣向を凝らした料理が並ぶ日本祭り。今週末も寒さが続くらしいから、温かい料理をぜひ楽しんでみては?
     ◎
 ジャパン・ハウス(平田アンジェラ館長)の特別企画展示『竹―日本の歴史』は9日まで。そのフィナーレに相応しく、7、8日には、同館2階に飾られている田辺竹雲斎さんの作品『コネクション』の解体セレモニーが行われる。接着剤を一切用いずに、縄文時代から受継がれてきた伝統的技法だけで編みこまれた約5千本もの竹ひごからなる作品を解体するというもの。田辺さんによれば、一度制作し展示が終了すると解体され、元に戻った竹ひごは次の作品へと循環される。これこそが「未来へ繋ぐアートの形」だという。次の展示は、隈研吾氏の建築展が17日から。株式会社「竹尾」の『紙』に関する展示が29日から開催予定。引き続きブラジル人の関心を引くことができるか、次の展示にも注目したいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年6月20日 大耳小耳  徐々に自粛解除となり、今までは営業できなかった店も開店しはじめた。飲食店は未だ持ち帰りや宅配のみ。夜になるとバールなどは店内に入れないようになっているが、店先で肩を並べて数人でわいわい「立ち呑み」しているのを見かけるようになった。外とはいえ、飲み食いの際はマスクを外さねばなら […]
  • 大耳小耳2020年6月17日 大耳小耳      ◎  クアレンテナが段階的に解除となり、限られた時間ながらも様々な店が営業を再開しだした。先日の土曜にはメトロのサウージ駅近くを車で通ったところ、店内が混雑しないようにするためか、出入り口での手消毒のためか、DAISOに客の列が出来ており、隣の店舗前にまで伸びていた […]
  • 大耳小耳2020年4月17日 大耳小耳  日本政府は4月16日、緊急事態宣言の範囲を全国都道府県に拡大した。これまでは、感染への対応を重点的に進める「特定警戒都道府県」として、7都道府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象にしていた。今回新たに6都道府県(北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都)も加え、 […]
  • 大耳小耳2020年3月24日 大耳小耳  ブラジル日系熟連クラブ連合会の機関紙『ブラジル老荘の友』553号の俳壇(吉田しのぶ選)には、興味深い句が並んでいた。《ブラジルに慣れしも正月雪恋し》(寺田雪恵)には、その通りと膝を打った。《三つ日坊主と知りつつ求む日記帳》(岩崎ゆりか)にも共感。年末年始に何度も誓って書き始め […]