ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》南部で零下8・8度を記録=氷に覆われた飛行機は遅発

《ブラジル》南部で零下8・8度を記録=氷に覆われた飛行機は遅発

サンタカタリーナ州サンジョアキンの池に張った氷。同市でも零下7・8度を記録した(Mycchel Hudsonn Legnaghi/São Joaquim Online)

サンタカタリーナ州サンジョアキンの池に張った氷。同市でも零下7・8度を記録した(Mycchel Hudsonn Legnaghi/São Joaquim Online)

 アルゼンチンの冬の観光地バリローチェでは、空港閉鎖の事態も起きるほど、強い寒波に覆われている南米南部だが、ブラジルでも、19日はサンタカタリーナ州ボン・ジャルジン・ダ・セーラで今年最低のマイナス8・8度を記録。南部、南東部を中心に厳しい寒さが広がっている。
 国立気象観測所によると19日は、厳しい寒波に覆われたのはサンタカタリーナ州だけではなく、リオ・グランデ・ド・スル州でも少なくとも8市、パラナ州でもクリチーバ市など複数の市で最低気温が0度以下だったという。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ