ホーム | コラム | 樹海 | 歌やピアノと数学、語学

歌やピアノと数学、語学

 ひょんな事で数学(算数)の教師が足りないから手伝ってと頼まれ、1年余り。微分積分、三角関数など、さび付いた頭を磨き直しながらの時間は楽しい。大学1年の夏休みに帰省した折、母校の教師に頼まれて音大志望の後輩に教えたのも数学だった▼数学を教えて気づく事の一つは、日頃から訓練している子の計算力の高さだ。日本では九九の暗記やドリルが定石だが、ブラジルでも計算力の有無は実力の差に繋がる。公式を使いこなせない子や間違った公式を使う子は、実践での慣れの不足が原因だ▼ポルトガル語で何と表現するかを知るのも楽しいし、理解出来て喜び、実力が伸びてくるのを見ると嬉しい。楽譜をよく見て、丁寧に、音の長さを守り、速度や曲想を気遣いながら弾くよう指導するとのあるピアノ教師の話からは、数学と歌やピアノに共通点がある事にも気づく▼数学や算数は、式や問題を理解した上で練習問題を繰り返す事で、条件反射的に問題が解けるようになる。音楽も、考えながら基本を繰り返す事で、楽譜を見、伴奏を聴くと半ば無意識に体が動き、思い通りの声や音が出せるようになるはずだ。練習と体に叩き込む事の大切さは語学や車の運転などでも共通するし、睡眠時間や体調、精神状態で成績に差が出る点も同じだ。能力はあるがコツコツ型でない人は、常に学び、練習する人に敵わない▼かつて「周りが大変だと思う事を涼しい顔でこなすのがプロ」と聞いた事があるが、楽しむだけなら下手の横好きでも良い。でも、同じやるなら一定レベルまで行きたいと思う人も多いし、それを期待する親も多い。何事も、せめて楽しいと思えるレベルまで行ってと願うこの頃だ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • メルコスル加盟=PSDBが法的調整=ベネズエラを条件付承認へ2009年3月31日 メルコスル加盟=PSDBが法的調整=ベネズエラを条件付承認へ ニッケイ新聞 2009年3月31日付け  政府と財界は、上院がベネズエラのメルコスル加盟を承認するため、圧力を強めていると二十九日付けヴァロール紙が報じた。 […]
  • コラム オーリャ!2004年10月9日 コラム オーリャ!  日本政府の「海外日系人訪日団受入れ事業」が今年限りで終了した。南米在住の日本人側からいえば、三十七回招いてもらった。この事業が留守家族会連合会を窓口として行われていた当時は「初期移民里帰り」といえば、通りがよかった。 […]
  • 2010年4月14日 ブラジルと日本のはざまで=帰伯デカセギの苦悩と決意=連載《5・終》=■教育者の視点から=子弟教えたファビアーナさん=周囲の理解と環境整備を “ニッケイ新聞 2010年4月14日付け  サンパウロ州教育局では、昨年から富山県に対し多文化共生推進研修員の派遣を開始している。同制度は、伯公立学校の教師などが現在の日本の教育現場を知り、新たな日本の文化を持って帰国するデカセギ子弟への教育を考える機会とするためのものだ […]
  • 日本祭り高齢者広場=今年も企画充実、家族向け講演も2018年7月13日 日本祭り高齢者広場=今年も企画充実、家族向け講演も  20日から始まる第21回日本祭り(サンパウロ・エキスポセンター、Rod. dos Imigrantes, km 1,5)に、恒例の『高齢者広場(Espaco da Terceira […]
  • 東西南北2013年10月12日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年10月12日  12日はブラジルの守護神ノッサ・セニョーラ・アパレシーダの日に当たり、国立アパレシーダ聖堂では毎年恒例の祝典などが開催される。今年の祝典では、フランシスコ法王のビデオ・メッセージが流されることになっており、話題となっている。同法王は7月下 […]