ホーム | コラム | 樹海 | 2年ぶりの日本で浦島太郎に

2年ぶりの日本で浦島太郎に

 今年の長期休暇は日本で過ごした。ビザの関係もあって2年おきには帰国するのだが、馴染みの店が消えていたり町並みが変わっていたり、変化がめまぐるしい▼今回は、大阪周辺の外国人の多さにちょっとした浦島太郎気分になった。街を歩くと方々から中国語が聞こえるし、様々な注意書きが中韓英の3カ国語で記してある。和牛の焼肉屋や観光案内所、大手家電店では、敬語まで正しく操る若い中国人に日本語で接客されるという初体験もした▼家電店の中国人男性スタッフに日本語学習歴を聞くと、わずか3年という答えが返ってきて驚いた。たどたどしいが、文法はほぼ完璧だった。彼らの同胞客のマナーは相変わらずのようだが、同店員の「勤勉」「熱意」は尊敬に値する。日本語力からも、それらが同国の経済発展と世界進出を支えていることが伺える▼「社会を動かしているのは日本人」―そんな思い込みが長年の日本での暮らしで無意識のうちに形成されていたが、それを修正する時期が来たのだろうか。物理的には明治に開国をした日本だが、精神的・構造的な〃第二の開国〃を、今迫られているのかもしれない。だから一部の保守派がその変化に敏感に反応し、過激な排外運動に走っているのかも。もちろんそんな抵抗も、人種のるつぼたるブラジルからすれば「今さら」な話だが▼「もう祖国の土は踏めないかも」という壮絶な決意で海を渡った戦前の移民からすれば、休暇で気軽に祖国を訪ねられる今という時代は、すでに浦島太郎の世界だ。どんどん世界各地で民族の移動と混血が進み、いつかジョン・レノンが歌った「国境のない世界」が来るのかも―と夢想してしまう。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?2020年5月1日 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?  4月24日のセルジオ・モロ法相の突然の辞任はブラジル社会全体を揺るがした。このショックで、ボウソナロ大統領は熱狂的支持基盤を築いてきたSNSでの支持者数が万単位の人数で減少。大統領に大きなダメージまで与えている。  さらに言えば、ダッタフォーリャの世論調査で、モロ氏 […]
  • 外国人医師さえ国民を救おうとしているのに2020年4月30日 外国人医師さえ国民を救おうとしているのに  28日夜、伯字紙記者から「新型コロナの死者が5千人を超えたが」と深刻な事態に関するコメントを求められたボウソナロ大統領は、「それで?(E […]
  • 樹海拡大版=えっ! コロナの最中に大統領罷免の動き、激動期に突入か2020年4月28日 樹海拡大版=えっ! コロナの最中に大統領罷免の動き、激動期に突入か  コロナショックがキッカケで、ブラジルが激動期に入った感じがする。  1992年末、インピーチメント(罷免)直前に辞任したコーロル元大統領(現上院議員)が先週、「この映画は見たことある」とのコメントを発したという25日付ブラジル社会面記事には納得させられた。  大統 […]
  • コロナ禍で孤立深めるボウソナロ2020年4月24日 コロナ禍で孤立深めるボウソナロ  「いったいどこへ向かおうとしているのだろう」。新型コロナウイルスに対して、世間一般から遠くかけ離れた反応を示して以来、ボウソナロ大統領の行動がやることなすこと裏目に出ている。  政見放送で「経済優先」を訴えて隔離政策の終焉を唱えれば相手にされず、自分の息子率いるネッ […]