ホーム | コラム | 樹海 | 2年ぶりの日本で浦島太郎に

2年ぶりの日本で浦島太郎に

 今年の長期休暇は日本で過ごした。ビザの関係もあって2年おきには帰国するのだが、馴染みの店が消えていたり町並みが変わっていたり、変化がめまぐるしい▼今回は、大阪周辺の外国人の多さにちょっとした浦島太郎気分になった。街を歩くと方々から中国語が聞こえるし、様々な注意書きが中韓英の3カ国語で記してある。和牛の焼肉屋や観光案内所、大手家電店では、敬語まで正しく操る若い中国人に日本語で接客されるという初体験もした▼家電店の中国人男性スタッフに日本語学習歴を聞くと、わずか3年という答えが返ってきて驚いた。たどたどしいが、文法はほぼ完璧だった。彼らの同胞客のマナーは相変わらずのようだが、同店員の「勤勉」「熱意」は尊敬に値する。日本語力からも、それらが同国の経済発展と世界進出を支えていることが伺える▼「社会を動かしているのは日本人」―そんな思い込みが長年の日本での暮らしで無意識のうちに形成されていたが、それを修正する時期が来たのだろうか。物理的には明治に開国をした日本だが、精神的・構造的な〃第二の開国〃を、今迫られているのかもしれない。だから一部の保守派がその変化に敏感に反応し、過激な排外運動に走っているのかも。もちろんそんな抵抗も、人種のるつぼたるブラジルからすれば「今さら」な話だが▼「もう祖国の土は踏めないかも」という壮絶な決意で海を渡った戦前の移民からすれば、休暇で気軽に祖国を訪ねられる今という時代は、すでに浦島太郎の世界だ。どんどん世界各地で民族の移動と混血が進み、いつかジョン・レノンが歌った「国境のない世界」が来るのかも―と夢想してしまう。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 学習者の3分の1が非日系?!=質的な変化とげる日本語教育=増える初等中等教育の生徒2019年2月9日 学習者の3分の1が非日系?!=質的な変化とげる日本語教育=増える初等中等教育の生徒  2014年には2万人を切っていた全伯の日本語学習者が、わずか3年間で3080人も増え、2017年には2万2993人になっていたことが、国際交流基金サンパウロ日本文化センター(洲崎勝所長)の調べで分かった。また全学習者の3分の1が非日系人になっている可能性があり、その分 […]
  • 大失敗?! 四世受入れ制度=目標4千人なのに、まだ数人…=(上)=「年齢、帯同不可は厳しすぎ」2018年12月14日 大失敗?! 四世受入れ制度=目標4千人なのに、まだ数人…=(上)=「年齢、帯同不可は厳しすぎ」  「日本文化を習得する活動等を通じて日本に対する理解や関心を深め、日本と現地日系社会との懸け橋となる人材を育成する」ことを目的とし、7月から施行された日系四世受入れ制度。開始から5カ月経ったが、同制度による査証発給数は1桁を超えていないようだ。来年3月までに4千人の日系 […]
  • 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室2018年12月1日 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室  日本語学校のスポーツが好きな13~17歳の生徒が参加する『聖南西青空スポーツ教室』(聖南西教育研究会主催)が11月15日、ピラール・ド・スール文化体育協会のグランドで開催された。  年に5つある生徒参加地区行事の中でも、12月に行われる林間学校とともに生徒がとても楽 […]
  • 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表2018年11月9日 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表  第9回ブラジル三州パラグアイ交流日本語お話大会が10月27日、パラナ日伯文化連合会で開催された。パラナ日伯文化連合会主催、パラナ日本語教育センター実施、在クリチバ日本国総領事館、国際交流基金後援。  今大会ではパラグアイの日本語学校は欠席となったが、パラナ州から8校 […]
  • ■ひとマチ点描■くまモン、次はいつ?2018年11月7日 ■ひとマチ点描■くまモン、次はいつ?  人気者くまモンを歓迎のために、ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)では、1時間も前から日本語学習者の子供や青年ら100人が集まり、くまモン体操の練習に汗を流していた。 […]