ホーム | 日系社会ニュース | 国際交流基金=南米日語教育シンポ開催=8月5日まで参加者募集

国際交流基金=南米日語教育シンポ開催=8月5日まで参加者募集

 国際交流基金サンパウロ文化センターと「南米日系社会における複数言語話者の日本語使用特製の研究」(H28‐32 科学研究費補助金基盤研究B)研究チームが8月25~27日、援協本部ビル(Rua Fagundes, 121)5階の神内ホールで『南米日本語教育シンポジウム2017』を開催する。全日程午前9時から、テーマは「南米における日本語教育の現在と未来―日系社会のポテンシャル―」。
 同イベントでは日本、ブラジル、ボリビア、パラグアイから参加する発表者による講演や研究発表などを通し、南米諸国の日語教育の未来について考える。
 基調講演はモラエス松原礼子さん(サンパウロ総合大学)による「大学は日本語教育のために何ができるか」(25日午前11時半~)、細川英雄さん(早稲田大学)の「『日本語人』という生き方―ことばによって人は何をめざすのか」(26日午前9時~)となる。
 参加希望者は8月5日までに専用の申し込みフォーム(https://goo.gl/bHSVAO)から申し込むこと。問い合わせは国際交流基金サンパウロ文化センター(11・3141・0110)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年12月11日 東西南北  あと2週間ほどでクリスマスになるが、9日付アゴラ紙によると、今年の子ども向けのプレゼントとして、武器のおもちゃが流行しているという。主な要因としては、子どもたちの間で「アベンジャーズ」などのスーパーヒーロー映画が影響力を持っていることが大きいが、奇しくも、今年は「銃自由化」を […]
  • 《サンパウロ市》スペイン人のテロリストを逮捕=20数年の逃亡の末に2018年12月8日 《サンパウロ市》スペイン人のテロリストを逮捕=20数年の逃亡の末に  サンパウロ市西部バラ・フンダで5日に公文書偽造罪で捕まった男性が、1977年にスペインでテロ事件を起こして逃亡していた人物だったことが判明した。7日付現地紙が報じている。  この男性の本名はカルロス・ガルシア・フリアで、24歳だった1977年1月24日にマドリッドで起きた「 […]
  • パラグアイでブラジル人密売者の救出阻止=ブラジルと同国の警察が協力し=2日にはトンネルも発見2018年10月6日 パラグアイでブラジル人密売者の救出阻止=ブラジルと同国の警察が協力し=2日にはトンネルも発見  ブラジル連邦警察とパラグアイの国家麻薬犯罪防止局が4日、パラグアイの首都アスンシオンで収監中のブラジル人の麻薬密売者マルセロ・フェルナンド・ピニェイロ・ヴェイガことマルセロ・ピロット(以下、ピロット)救出作戦を企てていたブラジル人5人を逮捕、大量の武器も押収したと5日 […]
  • 《ブラジル》犯罪組織PCCは南米一=担当捜査官が実態を語る=検察と警察が協力して対峙を2018年7月14日 《ブラジル》犯罪組織PCCは南米一=担当捜査官が実態を語る=検察と警察が協力して対峙を  サンパウロ州に本拠を置く犯罪組織「州都第一コマンド(PCC)」に関する捜査担当で、過去5年間に300人以上を起訴したサンパウロ州検察局のガキヤ・リンコウン捜査官が「PCCは南米一の犯罪組織」と明言したと13日付現地紙が報じた。  同氏によると、PCCが「マフィア」の範疇に入 […]
  • 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人2018年7月7日 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「6月度代表者会議」が先月28日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。日本祭りを約3週間後に控えた最後の会議となり、連絡事項の確認などが行なわれた。  同祭の市川利雄実行委員長は会議当日までに、ギネス記録挑戦に528食 […]