ホーム | 日系社会ニュース |  穴ぼこは誰の責任?

 穴ぼこは誰の責任?

6月4日(水)

 リベルダーデのある商店主から一報。「聞いてほしいことがあるのですが・・・」
 すわ、事件!と駆けつけると、ガルボン・ブエノ街歩道のデコボコへの苦情。   
 「いつまで経ってもきれいにならないし、四回払いのお金だってもう払いたくない」と不満噴出。自身も穴のあいた道でつまづき転倒したと、包帯で腕をつった姿が痛々しい。
 早速、ヴィヴァ・リベルダーデ(リベルダーデ地区再開発)を中心になって行っている、リベルダーデ商工会(ACAL)の事務所に話を聞きに。
 「えっ、まだそのプロジェクトは続いているんですか?」とは職員の返事。あげくの果てに「よく分からないのでサンパウロ商業組合に行ってみてください」と言われる始末。
 台湾、韓国系の進出商店主たちとは「よく話ができないし、地域改善の意識も違う」と、件の商店主は孤立無援の状態で痛めた右手をさすっている。     (剛)

■穴ぼこは誰の責任?

■南極おろしと売れないレタス(5/17)

■47年分の引き継ぎ(5/15)

■「子どもの日」? 「母の日」?(5/10)

■フジモリ政権の〝遺産〟(5/7)

■ミス・ブラジル東洋人街でラーメン初体験(5/1)

◆一人前は何キロ?(4/16)

■T・サンパイオ街の〃怪〃広告(4/11)

image_print

こちらの記事もどうぞ