ホーム | ビジネスニュース | 《ブラジル》政治危機で政府の収入が61億レアル減=与党弱体化の影響如実に=景気低調で税収も伸びず

《ブラジル》政治危機で政府の収入が61億レアル減=与党弱体化の影響如実に=景気低調で税収も伸びず

メイレレス財相(左)とオリヴェイラ企画相(右)(Valter Campanato/Agência Brasil)

メイレレス財相(左)とオリヴェイラ企画相(右)(Valter Campanato/Agência Brasil)

 【既報関連】政治危機により、テメル政権が目指していた経済政策承認が難航している事などが原因で、政府の収入が少なくとも61億レアル減っていると、22日付現地紙が報じた。
 収入減の一例は、企業が社会保障費を国に納める際の優遇措置であるデゾネラソン(支払免除)だ。議会が政府の思惑に反し、多くの企業を、同制度を享受できる状態に留めたことで、当初45億レアルと見られた収入は39億レアル減となる見込みだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ