ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》検察庁=大統領への残りの告発1本化か=ジャノー退任に間に合わせ=3大政党の捜査も進行中

《ブラジル》検察庁=大統領への残りの告発1本化か=ジャノー退任に間に合わせ=3大政党の捜査も進行中

テメル大統領(Marcos Corrêa/PR)

テメル大統領(Marcos Corrêa/PR)

 連邦検察庁は、テメル大統領に対して進めていた二つの容疑での捜査結果を一つにまとめ、ロドリゴ・ジャノー長官の任期の切れる9月半ばまでに告発する意向だと、25日付現地紙が報じている。
 テメル大統領への最初の告発は、JBS社からの収賄疑惑に関するもので、この告発を受けつけるか否かの投票は8月2日に下院で行われる。「受けつける」とする報告官の意見書は憲政委員会で却下されており、8月2日の投票で告発が受けいれられる可能性は低いと見られている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ