ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日付本頁で報じているペトロブラス前総裁のアジミール・ベンジーネ氏の逮捕は、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)では久々の大物逮捕となった。だが、それ以上に驚きなのは、相次ぐ贈収賄工作発覚でペトロブラス(PB)の名声が地に落ちた最中に、再建を託されて起用された人物が汚職に積極的に関与していたことだ。しかも、PBを巡る汚職の中心ともいうべきオデブレヒトとの間の収賄容疑だ。同氏起用を決めたのはジウマ前大統領で、罷免や経済破綻に加えて、またも不名誉な役回りだ。ベンジーネ氏はPB再建で一通りの役割を果たして退任したイメージがあったが、これでは同氏総裁就任後のPBを捜査しなくてはならなくなるか。
     ◎
 ポルトガルのジョゼ・ソクラテス元首相が26日、同国のマスコミの前で、ルーラ元大統領に実刑判決を下したセルジオ・モロ判事を「ゴウピに加担した」と批判した。同氏はルーラ氏が大統領だった頃の同国首相で、左翼政党同士ということもあり、ルーラ氏と親しかった。ソクラテス氏はカルドーゾ元大統領やジョゼ・セーラ上議を「ゴルピスタ」と批判した。もっともソクラテス氏も汚職で捜査を受けている最中だ。
     ◎
 26日のサッカーのブラジル杯準々決勝第2戦の結果、パルメイラス、サントスが共に2試合合計スコアを同点としながらも、敵地での得点差で脱落した。パルメイラスは1点先取したが、後半39分に失点し、本拠地での試合で3失点したことが響いて敗退。サントスは本拠地の試合で4―2でフラメンゴに勝ったが、敵地試合で無得点だったことが響いた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 東西南北2018年4月7日 東西南北  5日夜、ルーラ元大統領への逮捕命令が出たことで、ブラジルは6日にかけて騒然となった。ブラジルが未曾有の好景気に沸いたルーラ政権下に、このような事態を想像した人がいただろうか。労働者党(PT)はルーラ氏の逮捕に関して、「ガンジーを捕まえるようなものだ」とまで言い切り、同氏が大統 […]
  • 《ブラジル》汚職に最も手を染めた政党は?=64%が労働者党と答える2017年7月6日 《ブラジル》汚職に最も手を染めた政党は?=64%が労働者党と答える  調査会社Ipsosが6月1~13日に全国72市、1200人を対象に行った調査によると、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)で捜査の対象となった政党中、汚職に最も手を染めた政党は労働者党(PT)と見ている国民が64%いる事が分かった。  14年3月に始まったLJ作戦は、ペトロブラスを […]
  • 東西南北2017年4月12日 東西南北  サンパウロ市のジョアン・ドリア市長は今日12日より、韓国のソウルを訪れている。今回も2月に中東の富豪を訪れたのと同様、市内の大型施設民営化やネーミング・ライトの交渉を同国の大手企業に持ちかける意向で、ヒュンダイ、SK、LG、サムスンなど、ブラジルでもなじみの企業をまわる予定だ […]