ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》勤続期間保障基金の引き出し期間終了=年金受給者のボーナスは8月

《ブラジル》勤続期間保障基金の引き出し期間終了=年金受給者のボーナスは8月

 【既報関連】勤続期間保障基金(FGTS)の休眠口座の資金引出期間が7月31日で終わったが、病気や身柄拘束中といった事情の人は、この期間が18年一杯延長される事になった。
 7月31日付現地紙サイトによると、15年12月31日までに自己都合退職、または正当な理由で解雇され、FGTSが引き出せなかった人の口座の資金は、7月19日までに、428億レアル引き出された。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 道のない道=村上尚子=(18)2016年10月18日 道のない道=村上尚子=(18) 「母が、さすがに私たちのことを放っておけずに、父を説得したのだろうか?」  その時は、何が何だか分からずに、すぐに山城家に向かった。私は内心あのおじさんなら、と思えたからでもあるが。無一文の私たちは、支度らしい支度はほとんどいらず、身ひとつで引取られて行った。  着いてみる […]
  • 淑徳大学研修団が来伯=「国の違いを体感したい」2015年8月19日 淑徳大学研修団が来伯=「国の違いを体感したい」  「淑徳大学第30回ブラジル研修」が8月6日から始まった。同大学から研修学生7人が来伯し、約1カ月滞在する。引率の柴田征浩さん(キャリア支援室長)とともに10日、本紙を訪れ、それぞれ抱負を述べた。 ブラジルに縁の深い初代学長・長谷川良信氏の足跡を辿るべく、198 […]
  • 尋ね人2008年4月12日 尋ね人 ニッケイ新聞 2008年4月12日付け […]
  • 岩手県人会=余剰金補填で何とか黒字=震災の影響で補助金来ず2012年1月24日 岩手県人会=余剰金補填で何とか黒字=震災の影響で補助金来ず ニッケイ新聞 2012年1月24日付け  ブラジル岩手県人会(千田曠曉会長)は、定期総会を22日、サンパウロ市の同会館で行った。一次召集の午前9時半には会員が集まらず、10時45分から開始。総会には25人が出席した。 […]
  • 単なる抗議か組織犯罪か=サンパウロ市でバス連続放火事件=今年に入って既に33台2014年1月31日 単なる抗議か組織犯罪か=サンパウロ市でバス連続放火事件=今年に入って既に33台 ニッケイ新聞 2014年1月31日 「今年に入って1日1台のペースでバスが燃やされる異常事態になっている」。ハダジサンパウロ市長はそう記者会見で訴えた。この1月はサンパウロ市内で32台もバスが放火されており、29日午前は市南部のエメ・ボイミリン地域でもバスが一台襲われ放火され […]