ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》勤続期間保障基金の引き出し期間終了=年金受給者のボーナスは8月

《ブラジル》勤続期間保障基金の引き出し期間終了=年金受給者のボーナスは8月

 【既報関連】勤続期間保障基金(FGTS)の休眠口座の資金引出期間が7月31日で終わったが、病気や身柄拘束中といった事情の人は、この期間が18年一杯延長される事になった。
 7月31日付現地紙サイトによると、15年12月31日までに自己都合退職、または正当な理由で解雇され、FGTSが引き出せなかった人の口座の資金は、7月19日までに、428億レアル引き出された。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル北部ロライマ州=ベネズエラ難民流入止まらず=職を求めてマナウスやサンパウロ目指す2016年10月14日 ブラジル北部ロライマ州=ベネズエラ難民流入止まらず=職を求めてマナウスやサンパウロ目指す  【既報関連】ブラジル最北端ロライマ州政府は、流入の止まらないベネズエラからの難民対策を行う緊急対策本部を設置する予定だと、13日付現地紙が報じた。  同州政府はこれまでに何人が流入してきたか正確なデータを持っていないが、その数を3万人程度だと推定している。  同対策本部は […]
  • 日語講座譲渡を発表=文協、日文連の両トップ2004年4月27日 日語講座譲渡を発表=文協、日文連の両トップ 4月27日(火)  【既報関連】ブラジル日本文化協会(上原幸啓会長)が今年七月一日付けで、日本語講座を日伯文化連盟(槙尾照夫会長)に無償譲渡する。両団体は二十三日、合同記者会見を開き、これまでの経緯などを報告した。 […]
  • 西林総領事歓迎会=きょう文協で開催2005年8月26日 西林総領事歓迎会=きょう文協で開催 2005年8月26日(金)  サンパウロ総領事館の西林万寿夫総領事(52)が二十二日に着任したことを受け、ブラジル日本文化協会はきょう二十六日午後七時半から、文協貴賓室で歓迎会を開催する。日系諸団体との共催。 […]
  • エスペランサ婦人会第58回総会2007年2月22日 エスペランサ婦人会第58回総会 2007年2月22日付け […]
  • コラム オーリャ!2012年7月19日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2012年7月19日付け  ブラジル剣道連盟が伯社会への普及に本格的に乗り出した。学校にクラブ設置の呼びかけや、貧民街での教室開設に向けて準備が進んでいる。剣道人口の減少に歯止めをかけること、子供の教育に貢献することが目的だ。 […]