ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ハダジ元サンパウロ市長に有罪判決=「証拠はない」と控訴の意向

《ブラジル》ハダジ元サンパウロ市長に有罪判決=「証拠はない」と控訴の意向

フェルナンド・ハダジ元サンパウロ市長(Ricardo Stuckert)

 昨年の大統領選でボウソナロ大統領と決選投票を争った、サンパウロ市元市長のフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)に対する2012年市長選におけるカイシャ・ドイス(闇帳簿)疑惑の一審が19日に結審し、有罪判決が下ったと、21日付現地各紙が報じた。
 有罪判決を下したのは第1地域選挙裁のフランシスコ・シンタテ判事で、量刑は禁固4年6カ月のセミアベルト(夜間、休日、祝日は刑務所に戻らなくてはいけない)だった。同判事は、虚偽の届け出は258件に上ったとし、「被告人には、公職選に出馬し、公職を務めた者として、著しく不適切な振る舞いがあった」と断じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ