ホーム | ブラジル国内ニュース | 《リオ市》マリエーレ氏殺害=容疑者は殺人容疑で収監中=やはり車で追跡後に射殺

《リオ市》マリエーレ氏殺害=容疑者は殺人容疑で収監中=やはり車で追跡後に射殺

 【既報関連】3月14日にリオ市中央部で起きた、マリエーレ・フランコ市議(自由社会党・PSOL)と運転手のアンデルソン・ゴメス氏殺害事件で、首謀者の一人と名指しされた元軍警のオルランド・デ・アラウージョ氏は、同件と酷似する殺人事件関与の疑いで逮捕中と9、10日付現地紙サイトが報じた。
 アラウージョ氏の元ボディガードは、警察による保護と引き換えに3度の証言を行い、マリエーレ氏がリオ市西部のスラム街シダーデ・デ・デウスに導入した社会保護・社会参画政策を快く思わないリオ市議のマルセロ・シシリアーノ氏とアラウージョ氏が、同氏殺害を首謀したと語った。
 証言内容が8日に報道された後、シシリアーノ氏は9日の記者会見で、アラウージョ氏も同日付文書で、マリエーレ氏殺害への関与を否定した。
 だが、それに輪をかけるように、アラウージョ氏は、2015年6月に起き、マリエーレ氏殺害に酷似した事件の首謀者として逮捕された事が9日に報じられた。
 この事件は、同市西部クリシカ地区で、エスコーラ・デ・サンバ会長だったワギネル・ラファエル・デ・ソウザ氏の車に幅寄せした車から犯人が銃を連射、被害者は至近距離から頭を撃たれて死亡という、マリエーレ氏殺害事件と酷似したものだ。違うのは、15年の事件では犯人が車を降り、さらに射撃を加えた点位だという。
 この事件の生存者は、犯人はアラウージョ氏とレナト・ナシメント・ドス・サントス、ウイリアン・ダ・シウヴァ・サンチアナ、運転手の4人と証言していたが、報復を恐れたのか、裁判では供述を全て否定した。
 証言者は、ソウザ氏はサーカスに土地を貸す際に、警官などからなる犯罪組織で、地域を治めていたミリシアの許可を求めなかったために殺されたと供述。アラウージョ氏はミリシアの首領で、殺害を指示したが、事件後は1年間逃亡。17年10月に逮捕された。
 アラウージョ氏は逮捕後も獄中から様々な指示を出しており、逮捕劇の責任を問われて脅迫された証言者が、保護と引き換えにマリエーレ氏の件の証言を行ったという。
 なお、10日夜は、マリエーレ氏殺害事件の現場を再現しての検証作業も行われた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 政治批判を受け止めたリオのカーニバル2018年2月16日 政治批判を受け止めたリオのカーニバル  14日に行なわれた、今年のリオのカーニバルのスペシャル・グループのパレードの採点結果発表で画期的な出来事が起こった。政治批判を行なって物議を醸したエスコーラ、ベイジャ・フロールが優勝、パライゾ・ド・ツイウチが2位となったのだ▼今回のリオのパレードがこうした内容になるこ […]
  • リオ市=市議候補15人目の殺人事件=名門ポルテーラの会長射殺2016年9月28日 リオ市=市議候補15人目の殺人事件=名門ポルテーラの会長射殺  リオの名門エスコーラ・デ・サンバ「ポルテーラ」の会長で、10月2日に投票の行われるリオ市議選に進歩党(PP)から立候補していたマルコス・デ・ソウザ氏(52)が26日の午後4時ごろ、同市北部のマドゥレイラ地区の選挙事務所で射殺されたと26、27日付ブラジル紙・サイトが報じた。通 […]
  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]
  • 東西南北2020年2月12日 東西南北  10日のサンパウロ大都市圏での大雨は、至るところで市民生活に大きな影響をもたらした。雨の影響は土砂崩れなどによる直接的な被害だけではなく、交通渋滞で数時間も車の中で待たされることになった人や、CPTMやバスの運行が滞ったことで通勤や通学に支障が生じ、欠勤などを余儀なくされた人 […]
  • リオ州=10人の州議に逮捕状=元知事カブラウの意に沿い、議会で投票=5人は再選されたばかり2018年11月10日 リオ州=10人の州議に逮捕状=元知事カブラウの意に沿い、議会で投票=5人は再選されたばかり  連邦警察は8日、大型汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦から派生したフルナ・ダ・オンサ作戦を決行。7人のリオ州議員を5日間の期限付で逮捕した上、すでに他の捜査で拘束されていた停職中の州議員3人(自宅禁錮1人を含む)にも、新たに逮捕状を出したと9日付現地各紙が報じている。   […]