ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》アウキミン=「裏切り者は、私じゃない!」=声荒げてドリアに当てつけ=「君はテメル派」と罵声=PSDBは大統領選中立に

《ブラジル》アウキミン=「裏切り者は、私じゃない!」=声荒げてドリアに当てつけ=「君はテメル派」と罵声=PSDBは大統領選中立に

かつての師弟関係に亀裂が入ったアウキミン氏とドリア氏(Ciete Silvério/A2img)

かつての師弟関係に亀裂が入ったアウキミン氏とドリア氏(Ciete Silvério/A2img)

 9日、民主社会党(PSDB)が大統領選の決選投票では中立の立場をとると発表したが、会見に先立つ党執行部の会合で、党首で大統領候補でもあったジェラウド・アウキミン氏が、サンパウロ州知事候補のジョアン・ドリア氏を「テメル派」呼ばわりし、同氏と言い争いを行ったことが話題を呼んだ。10日付現地紙が報じている。

 アウキミン氏とドリア氏の言い争いは、決選投票に向けた取り組みのあり方や今後の大統領選で誰を支持するかなどを検討している会議の中で、ドリア氏が発言していたときに起きた。ドリア氏は、決選投票に向けた財政支援などを求めた後、「今は残っている知事選の決選投票に全力を尽くすが、その後で、今回の選挙で何が間違っていたのかを検討する必要がある」と語った。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ