ホーム | 日系社会ニュース | サントス強制立退き初共同祈願=サンゴンサロ教会で74年前追想

サントス強制立退き初共同祈願=サンゴンサロ教会で74年前追想

初共同祈願をする奥原マリオさん

初共同祈願をする奥原マリオさん

 サンパウロ市ジョン・メンデス広場のサンゴンサロ教会で毎週日曜朝8時から行われる日本語礼拝で、戦時中に日本移民が敵性国民としてサントスから強制立退きさせられた件に関する共同祈願が、30日に初めて捧げられた。
 この機会に、立ち退き者をサンパウロ市で支援した渡辺マルガリーダ女史の業績と共に、すでに聖人申請の手続きが進む中村ドミンゴス長八神父のことも参列者約60人は思い起こした。
 ミサ終盤の共同祈願で奥原マリオ純さんが壇上に立ち、「ちょうど74年前の今月、6500人の日本人が24時間以内の強制立退きという苦難をサントスで体験しました。第2次世界大戦中の悲劇の時に、上着や食べ物を差入れして助けたのが渡辺マルガリータ女史でした。二度とその様な悲劇が起きないように祈りましょう」と語りかけると、マヌエル神父は「皆さん、一緒に祈りをしましょう」と呼びかけた。
 礼拝の最後には、中村神父に対するお祈り、《彼は牧者、旅する宣教者として隣人への愛のため、遠い道程を厭わず、福音の奉仕と人々の回心と魂の救いのために数百の村をめぐりました。彼の謙遜、清貧、労働の模範にあやかる望みを私たちのうちに燃え上がらせてください》がささげられた。
 礼拝後の懇親会で、白澤康子ノトブルガ修道女は「共同祈願は皆が心を合わせてお祈りを捧げること。大事なお祈りができ、とても良かった」と喜んだ。
 同婦人会の谷口真理さんは、12日夜にパラナ州ロンドリーナで開催された日伯司牧協会50周年記念ミサに参加した時のことを、嬉しそうにこう語った。「赤嶺ジュリオ大司教さまは説教の中で、中村神父同様に、ドナ・マルガリーダにもあなたの願いを祈りなさいと言ってくださいました。初めて司教からそのようなお言葉を聞き、とてもあり難く思いました」。
 奥原さんに共同祈願しないかと誘った聖母婦人会の畑中アリッセ会長も「これから毎年やりたい。そして早くドナ・マルガリーダのお祈りの文章も作らなくては」と決意を新にしていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄2021年6月22日 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄  ブラジル日本移民113周年記念は歓喜を味わい、過去を振り返る時ではないでしょうか! 「歓喜を味わうとは」――日本移民の経済、農業、園芸、果実、セラード開発、料理、各分野で活躍する有能な人材、さらに、その歴史の継承などはブラジル社会に認められ、高く評価されています。 「振り […]
  • 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2021年6月19日 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  6月18日「日本移民の日」を迎えるにあたり、皆様にご挨拶を申し上げます。1908年に笠戸丸がサントス港に到着してから今年で113年となります。  昨年8月に着任した私にとっては今回が初めての移民の日となります。先日、サンパウロにあるブラジル日本移民史料館を訪問し、レ […]
  • 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七2021年6月19日 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七  1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がサントス港に上陸して113年の歳月が流れました。そして今や、ブラジル日系社会は200万人を擁する大きなコミュニティーに発展いたしました。先達の皆様方の幾多のご労苦とご功績に対し、深甚なる感謝の念と敬意を […]