ホーム | 日系社会ニュース | 林間学校等で楽しく充実交流=小櫃小中学校使節団が松柏訪問

林間学校等で楽しく充実交流=小櫃小中学校使節団が松柏訪問

来社した関係者

来社した関係者

 松柏・大志万学院と姉妹提携を結ぶ千葉県の君津市立小櫃小・中学校から、小間泰啓中学校教頭、山村由美子小学校校長と6人の生徒からなる『第21回訪伯使節団』が先月26日に来伯、2日に来社した。
 両校は1973年から隔年で相互に訪問団を派遣し、交流を行ってきた。生徒らは同学院の林間学校や授業に参加し、日本移民史料館や市街地見学、ホームステイ等を通して2週間ほど見聞を深めている。
 林間学校には両校併せて70人近くの生徒が参加。料理や掃除、松柏の生徒らが考案したゲーム等で点数を競い、懇親を深めた。「ユーモア溢れるゲームばかりで楽しかった」と生徒たちは口々に語った。
 高橋佑理子さん(13)は「松柏の生徒との会話で日語の支障はなかった」と驚きを見せ、吉野楓さん(12)も「常に一人にならないよう気遣ってくれた」と感激した様子。
 宮崎千夏さん(16)は「授業の号令も日本より丁寧で、規律正しかった」と同学院の生徒から多くを学んだよう。帰国してから報告会を行う。
 小間教頭は「国際交流を柱とする学校は多いが、実際に交流事業を行っている公立校は殆んどない。この交流は非常に貴重なもの」としみじみ述べた。山村校長も「英語、日本語、スペイン語と外国語学習が進んでいるのを痛感した。皆さんには本当によくしてもらった。来年、伯国からの使節団が来られた際には温かくおもてなししなければ」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ