ホーム | ブラジル国内ニュース | ベネズエラ問題=米州機構も選挙管理委員会批判=5日にはメルコスルの外相会議

ベネズエラ問題=米州機構も選挙管理委員会批判=5日にはメルコスルの外相会議

 【既報関連】ベネズエラのマドゥーロ大統領が7月30日に制憲議会の議員選挙を強行し、野党指導者を再逮捕した上、投票率偽装が暴露された事などで、南米南部共同市場(メルコスル)が5日に緊急外相会議を開催すると3日付ブラジル国内紙サイトが報じた。
 ベ国政府は制憲議会の議員選挙の結果を1日から公表し、3日に議会発足と報じたが、得票数などは伏せていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • ドリア・サンパウロ市長に卵の雨=バイーア州でルーラ信者から2017年8月9日 ドリア・サンパウロ市長に卵の雨=バイーア州でルーラ信者から  サンパウロ市のジョアン・ドリア市長(民主社会党・PMDB)は7日夜、北東部のバイーア州州都サルバドール市のイベントに参加する前に、同市の左翼団体から卵の集中砲火を浴びる被害を受けた。 […]
  • ロライマ州=ボウソナロ、保護区開発で物議=ベネズエラ難民受け入れ前向き発言も2018年4月14日 ロライマ州=ボウソナロ、保護区開発で物議=ベネズエラ難民受け入れ前向き発言も  大統領候補のジャイール・ボウソナロ氏が12日にロライマ州で講演を行い、先住民保護区を経済的目的で開発することや、ベネズエラからの難民キャンプを作りたいなどと発言し、物議をかもした。13日付現地紙が報じている。 […]
  • 外務省が態度変更明確に=中南米諸国の批判に反論=ベ国外交筋は国交断絶否定2016年5月18日 外務省が態度変更明確に=中南米諸国の批判に反論=ベ国外交筋は国交断絶否定  【既報関連】ジウマ大統領停職を受けて発足したテーメル暫定政権が、中南米諸国からの批判に対して矢継ぎ早に外交文書を発行、労働者党(PT)政権との立場の違いを明確にしたと14~17日付伯字紙が報じた。 テーメル暫定政権は12日、ジウマ大統領に対する罷免手続き開始により同大統領が1 […]
  • 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘2016年11月1日 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘  全国統一市長選の決選投票を翌日に控えた10月29日午後、サンパウロ市のパウリスタ大通りで、アメリカ大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプ氏を支持する派、しない派に分かれて市民が集まって集会を行ったところ、両者の議論が白熱し、乱闘騒ぎとなって、警察が出動し、4人を補導する事態 […]
  • 亜国次期大統領が来伯=聖市も訪れ企業家と対談2015年12月5日 亜国次期大統領が来伯=聖市も訪れ企業家と対談  アルゼンチンの次期大統領マウリシオ・マクリ氏が4日朝、ブラジリアでジウマ大統領と会談の時を持ったと4日付各紙サイトが報じた。 12年続いた左派のキルチネル政権に終止符を打ち、ラ米に起きうる右派の新世代政権の代表とも言われるマクリ氏は、現職のブエノスアイレス市長で56歳。当選直 […]