ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 現在、連邦議会の一部で「議員の当選回数を抑えよう」とする勢力があるという。彼らによると、「在職年数の長さが汚職に繋がっている」という見方があるようだ。たしかにラヴァ・ジャットで逮捕、もしくは捜査対象となった下議や上議には在職年数が20年を超す政治家も珍しくない。また、14年の選挙では、下院で初当選した議員は38%に過ぎないとのデータも出ているし、同様の傾向は地方行政でも見られるという。たしかに在籍年数が長くなればなるほど、悪いことも身につきやすいという考えは理解できる。ただ、在職期間が短くても汚職をする人はするもの。規則以前に心がけることがあるのでは。
     ◎
 サンパウロ市北部のブラジランジア付近で、ロドアネル(高速道)建設工事に伴う爆破音などの影響で、家の壁や天井にひびが入り、穴が開いたと訴える世帯が増えているという。その辺りでは、石が飛び散って家の窓ガラスや車のドアなどが割れることもあるという。工事に伴う埃などが原因と推測される心臓疾患などが見られる住人も出ているという。訴えを聞くに、公害問題として十分にひどい有様だが、州の誠意ある対応を願いたい。
     ◎
 前戦からほぼ1カ月が経っているので忘れられがちだが、今日はリベルタドーレス杯16強第2戦の日。パルメイラスは本拠地アリアンツ・パルケでバルセロナ・デ・グアヤキル(エクアドル)と対戦。前戦を0―1で落としていることもあり、今日は地元の利を生かしてなんとか勝ちたいところ。既にブラジル杯でも敗退している分、なおさらだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年9月29日 東西南北  本日付で報じているヴェージャ誌のボルソナロ氏のスクープは強い波紋を投げかけている。同氏は「汚職をしない」というイメージを売りにしていたため、影響は決して小さくはないだろう。ヴェージャ誌といえば、2014年の大統領選直前には、「ルーラ氏はラヴァ・ジャットの汚職を知っていた」とい […]
  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]
  • 東西南北2017年4月12日 東西南北  サンパウロ市のジョアン・ドリア市長は今日12日より、韓国のソウルを訪れている。今回も2月に中東の富豪を訪れたのと同様、市内の大型施設民営化やネーミング・ライトの交渉を同国の大手企業に持ちかける意向で、ヒュンダイ、SK、LG、サムスンなど、ブラジルでもなじみの企業をまわる予定だ […]
  • 東西南北2017年1月19日 東西南北  17日、サンパウロ州サントスで、電気技師のジョルジュ・アラウージョ・ダ・シウヴァさんが、火災にあったアパートから、6歳から12歳までの少女4人を救出し、一躍ヒーローとなった。ジョルジュさんは同日午前10時30分頃、仕事に向かう途中で、あるアパートから煙が出ているのを見かけた。 […]
  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]