ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ラヴァ・ジャット=元PP党首の報奨付供述供述承認=ルーラに関する疑惑にも言及か

《ブラジル》ラヴァ・ジャット=元PP党首の報奨付供述供述承認=ルーラに関する疑惑にも言及か

 最高裁のエジソン・ファキン判事が、進歩党(PP)元党首で元下議のペドロ・コレア被告の報奨付供述(デラソン・プレミアーダ)を承認したことが明らかになった。9日付現地紙が報じている。
 同氏のデラソンは16年3月に行われていたが、当時の最高裁報告官だったテオリ・ザヴァスキ判事が同年9月に、一部、不十分で辻褄のあわない部分があると差し戻していた。テオリ判事が今年1月に急死したため、後任のファキン氏に再提出された供述内容が了承されたことになる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ