ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》強い寒波の到来で早くも降霜=サンタカタリーナ州山間部で

《ブラジル》強い寒波の到来で早くも降霜=サンタカタリーナ州山間部で

霜が降りた山肌(サンジョアキン市、27日付G1サイトの記事の一部)

 25日の夜、ブラジル南東部のサンパウロ州で降った豪雨は、寒冷前線と同州内陸部の低気圧の相乗効果とされていたが、ブラジル南部のサンタカタリーナ州山間部では27日朝、今年1番の寒さとなり、霜が降りる所まで出た。
 暦の上の夏が終る前に降霜を見たのは、全国一の低温をしばしば記録するウルペマ市だ。同市での朝6時の気温は0・98度で、視界全てが白く染まった。
 また、リンゴの里として知られるサンジョアキン市でも、部分的に霜が降りたが、こちらの朝6時の気温は5度で、降霜もさほど強くなかった。
 ただし、日中は雲の合間から日が差すような天候で、気温も上がり、山間部の最高気温は23度前後、その他の地域の最高気温も、南部27度、フロリアノポリス周辺28度、西部と北部では30度に達する見込みだ。

うっすらと霜がかかった木の枝(ウルペマ市、27日付G1サイトの記事の一部)

 サンタカタリーナ州山間部での降霜は、この夏既に2回目だ。1回目はサンパウロ州やミナス州で大雨が降った直後の1月25日で、今回同様、ウルペマ市などで降霜を見た。
 同市での同日朝6時の気温は1・7度で、ウルビシ市では4・3度、サンジョアキン市でも6・7度を記録した。この時も、山間部の最高気温は23度前後で、山肌に沿った草むらなどは、朝の間、うっすらと霜が張った状態が続いた。(2月27日付G1サイトならびに1月25日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》予防接種会場に響く音楽=週2回オーケストラが生演奏2021年5月11日 《サンパウロ市》予防接種会場に響く音楽=週2回オーケストラが生演奏  サンパウロ市で60~62歳の人への新型コロナの予防接種が始まった6日、同市南部サントアマロ区アドルフォ・ピニェイロ大通りにある特設接種会場、パウロ・エイロー劇場(Teatro Paulo […]
  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 《ブラジル》アラウージョ前外相=クロロキン最優先の外交展開=ワクチン関心なしとF紙報道2021年5月11日 《ブラジル》アラウージョ前外相=クロロキン最優先の外交展開=ワクチン関心なしとF紙報道  3月に辞任した前外相のエルネスト・アラウージョ氏が、コロナウイルスへの効用がないとされるクロロキンの国外からの購入に関し、中心となる役目を担っていた疑惑が浮上した。同氏は上院でのコロナ禍に関する議会調査委員会(CPI)で召喚対象となっている重要人物のひとりだ。10日付 […]
  • 《ブラジル》コロナ死者の減少傾向維持=気になるリオ州の感染者増=ファイザー製ワクチン再配布2021年5月11日 《ブラジル》コロナ死者の減少傾向維持=気になるリオ州の感染者増=ファイザー製ワクチン再配布  新型コロナの死者は7日間の平均が2千人超の状態が50日以上続いている。だが感染学上の第14週(4月4~10日)に週間の死者最多(2万1141人)を記録して以来、4週連続で前週比減を記録し、若干ながら落ち着き始めている。ただし、新たな変異株が確認されたリオ州では感染者が […]
  • 《サンパウロ州》新たな予防接種日程を発表=新型コロナとインフルエンザ2021年5月11日 《サンパウロ州》新たな予防接種日程を発表=新型コロナとインフルエンザ  サンパウロ州政府が7日、新型コロナの予防接種の優先グループに50~54歳で恒常的な障害や慢性疾患を持つ人86万5千人を加えると発表した。  州政府は毎日のように新しいグループを優先接種対象に加えている。10日はダウン症の人、人工透析者、臓器移植後で免疫抑制剤の使用者 […]