ホーム | 文芸 | 連載小説 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(37)

わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(37)

 それで義弟実のフエイラに合流し共同でシヤカラ(農園)を経営することにしたのであった。それが大変好調であり約4ヵ年間も継続した。家族総出で植えつけた蔬菜の稔りを夜も明けぬ前から摘み取り、荷馬車に積んでフェイラで売りさばく労働は、働けば働くほど充実した結果をもたらした。
 このような中で、姉のトヨ夫山城茂雄一家7名、及び妻千枝子の両親山城良行一家3名、そして弟義雄の嫁幸子の11名が1962年2月14日チサダネ号で来伯した。こうして新しく2家族が仲間に加わり、いよいよ大家族集団が形成された。そこで農地を6アルケールに拡張し、中古のトラックを2台に増やし、本格的な蔬菜農園に拡大したのであった。
 農園経営は順調に伸び、トマト栽培にも力を入れはじめた。だが1963年10月にトマト1万本が収穫期を迎えていた時期に、農園が降霜にあい霜害に遭遇してしまった。それにジャガイモや葉菜類など一夜にして真黒に焼けてしまった。着伯2ヵ年目を迎えたばかりの義兄山城茂雄は、懸命な働きも一夜で水泡にきしてしまった惨状を愁い、仕事も手につかない程のショックを受けた。
 コーヒー耕地での霜害は話でよく聞いたが、トマトとサツマイモの蔬菜園の霜害がわが身の上に直接叩きつけてきたわけである。
 幸い、毎日のフエイラ出荷のための葉野菜・根菜類など多くの種類を植栽していたので、大打撃の中に在りながらも、なんとか生きのびることはできた。
 しかし、この霜害が一つのきっかけとなり、予想もしなかった3家族それぞれが分家することになった。
 1963年当時3家族の家族構成は下記の通りだった。
① 山城勇(35歳) 千枝子(31歳) 
一也( 6歳) 達也(1歳)  弟 義雄
(25歳) 妻幸子(25歳) 幸雄(23歳) 
光雄(19歳) 母(56歳) 美代(30歳)
ちえみ(9歳)
② 義兄 山城茂(40歳) トヨ(38歳) 
政美(13歳) 謙一(11歳) 明美(10歳)
佳弘(8歳) 和則(6歳)
③ 義弟 大田実(26歳) サキ子(26歳)
ジュン(6歳)
 3家族共そのままフエイラ業を続けていたが、弟の3人は大型トラック中古車(10トン車)を買い自から運転する運送業に転業した。
 バイア州やペルナンブーコ州は勿論、1ヶ月がかりのセアラ州のホルタアレーザまでも遠征するなど得意気に若さと好奇心にかられて走りだしたのであった。しかし永続きすることなく2ヵ年で放棄せざるをえなかった。失敗の原因は、中古車のため遠路途中車の故障や1台での数日間継続運転による車への負担が過重となり、維持費過多であった。
 トラック1台での個人経営は成立しないことで、自ら失敗を認めざるを得なかった。

 4 在伯沖縄協会との関わりの発端―

サント・アンドレー支部会館建設

 サント・アンドレー市郊外で自ら生産した蔬菜をフエイラに出しているとその野菜類が新鮮である。そのため顧客が多くなりバンカは繁昌する。その中に大城助一さんとの接触が重なってきた。大城さんはサント・アンドレーに於ける沖縄県人の草分けであり顔役であった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(73)2017年10月10日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(73)  然もその高校選抜チームの中に糸満市喜屋武出身の慶留間君がいた。  彼は、字米須のウマイキーナングスク生まれのオバーの孫にあたる少年ということで特別親近感を感じ、うるま会館に招き激励会を催し交流を図った。  これが契機となり1989年7月30日にはサンベンナルド・ド・カンポ […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (83)  山城 勇2017年10月25日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (83)  山城 勇  山戸は、急遽母国沖縄に妻子を連れて帰国しました。1927年の事でした。  その帰途四国の高知県に妻の実家を訪ね、3ヶ月滞在した後ブラジルに帰省した。  2度目の訪日は1968年で、米軍政の統治下にある郷土を再度訪問し、その変貌ぶりに驚愕したという。 篠原恵美子―― 父は […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(70)2017年10月4日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(70)  県人会では佐賀県人会からの案内状があって私は、沖縄県人会を代表して式典に参列、初めて井上武記者と対面することとなった。  そして取材後のひと時を利用してわが家に案内一族に紹介し夕食を共にした。  限られた時間のつき合いであったが、最近の若い二世たちに見られない規律正しい快 […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(71)2017年10月5日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(71)  出発は10月16日、18日那覇着。  翌日、県知事及び県議会議長表敬訪問、その後琉球新報・沖縄タイムス・琉球放送を訪ね、その翌日西武オリオンホテル集合し県の指定する公式日程にはいる。 ロゴマーク [趣旨] 海と太陽につちかわれた沖縄県の文化を象徴し、21世紀にむかって羽 […]