ホーム | ブラジル国内ニュース | 韓国CJ第一製糖、ブラジルの大豆加工企業を買収=「世界規模の食品会社になる」と意気込む

韓国CJ第一製糖、ブラジルの大豆加工企業を買収=「世界規模の食品会社になる」と意気込む

ブラジルは世界トップクラスの大豆生産量を誇る(参考画像 - Gilberto Marques/A2img/FotosPúblicas)

ブラジルは世界トップクラスの大豆生産量を誇る(参考画像 – Gilberto Marques/A2img/FotosPúblicas)

 韓国食品大手のCJ第一製糖が、ブラジル中部ゴイアス州、ゴイアニア市に本拠を置き、大豆と大豆関連商品の生産・販売を行うセレクタ社の株式の90%を4億5千万レアル(157億5千万円相当)で取得したと、25日付ブラジルニュースサイトG1が報じた。
 セレクタ社の株の70%はチリのコルペスカ社が保有していたが、CJ第一製糖は2年後に残りの10%分を買い取るというオプション付きで60%分を購入、残る30%分は一般株主たちから購入した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ