ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》法定アマゾンの保護区消滅=連邦政府の鉱物採掘許可で

《ブラジル》法定アマゾンの保護区消滅=連邦政府の鉱物採掘許可で

 テメル大統領が21日に出し、23日付官報に掲載された大統領令により、アマパー州南部からパラー州にかけての銅・関連品国立保護区(Renca)の開発が許可され、批判の声が出ていると24、25日付現地紙やサイトが報じた。
 Rencaは銅や金、鉄、マンガンその他の鉱物資源が豊富で、1980年代の銅鉱脈発見と同時に軍が開発計画を立てたが、1984年2月24日にジョアン・フィゲイレド大統領(当時)が保護区に制定した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ