ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》アマゾナス州知事補選=元職メンデス氏4度目当選=任期は来年の12月末まで

《ブラジル》アマゾナス州知事補選=元職メンデス氏4度目当選=任期は来年の12月末まで

 【既報関連】アマゾナス州で27日、買票疑惑で失職したジョゼ・メロ前知事(社会秩序共和党・Pros)と同副知事の後任を決める、知事補欠選挙の決選投票が行われた。
 補欠選は、共に元職のアマゾニーノ・メンデス氏(77歳、民主労働党・PDT)と、エドゥアルド・ブラガ氏(56歳、民主運動党・PMDB)氏によって争われ、有効投票の59・26%を獲得したアマゾニーノ・メンデス氏が、40・74%のブラガ氏を破り、通算4期目の当選を果たしたと28日付現地紙各紙が報じた。
 決選投票に臨んだ2人は各々、アマゾニーノ氏が3期、ブラガ氏が2期、知事職を務めており、アマゾナス州政界の長老対決とも言える組み合わせだった。
 90年代にはアマゾナス州都のマナウス市の市長、副市長を共に務めたこともあった2人だったが、選挙戦ではお互いを激しく批判しあった。
 選挙は棄権、無効、白票が目立ち、それら全てを合わせると、有権者の49・64%がどちらにも投票しなかった。
 メンデス氏は、当選確実の報を受けての第一声で、「白票、無効、棄権した有権者の皆さんは、行く先が定まらない国、州行政への警告の声をあげたものと私は受け止めている」と語った。
 「棄権、無効、白票の増加は近年よく見られている傾向。有権者は政治への関心、信頼を失い、投票する意欲を持てないでいる。投票した人たちも、義務だから仕方なくといった人が多い」と分析する政治学者もいる。
 メンデス氏は1987年から90年までと、1995年から2002年までの3期、アマゾナス州知事を務めた後、09年から12年末まで州都マナウス市長を務めて以来、4年8カ月ぶりの公職復帰となる。
 就任式は10月2日に行われる見込みだが、最終的な日程は同州議会の決定を待って決まる。任期は来年末までの1年3カ月ほどとなる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》議員選でPSLが驚異的に躍進=下院で一気に2位政党へ=ジウマなど大物政治家落選も2018年10月9日 《ブラジル》議員選でPSLが驚異的に躍進=下院で一気に2位政党へ=ジウマなど大物政治家落選も  7日は上下両院と州議会の議員選も行われ、ジャイール・ボルソナロ氏の社会自由党(PSL)が大躍進して下院で2位になるなど、「ボルソナロ効果」が如実に現れた。8日付現地紙が報じている。  下院第一党は、14年と同じく、労働者党(PT)だが、議席は56人で、現状の62人よ […]
  • 10月総選挙=日系候補乱立で共倒れ懸念=下院選32人、サンパウロ州議選28人=下議最低10万票、州議5万2018年9月13日 10月総選挙=日系候補乱立で共倒れ懸念=下院選32人、サンパウロ州議選28人=下議最低10万票、州議5万  来月7日に投票が行われる総選挙で、サンパウロ州から連邦下院議員選やサンパウロ州議員選に出馬する日系候補者が乱立し、例年以上に混戦を極めている。下院議員選ではサンパウロ州だけでもアジア系も含む日系候補者は推定32人、サンパウロ州議員選も日系候補者が推定28人に上っている […]
  • 安部順二氏、下議に復帰=マルフ下議失効で繰り上げ2018年2月21日 安部順二氏、下議に復帰=マルフ下議失効で繰り上げ  ロドリゴ・マイア下院議長(DEM)が19日、ブラジリアのパプーダ刑務所に昨年12月22日より収監されているパウロ・マルフ連邦下議(PP)の議席失効を発表し、PMDB―PROS―PP―PSDの連立名簿で補欠第1位の安部順二連邦下議(二世、77、PSD)を、その代理の下議 […]
  • 《ブラジル》連邦貯蓄銀行の4人の副総裁が一時停職処分に=特定政党に不正な便宜供与か?2018年1月19日 《ブラジル》連邦貯蓄銀行の4人の副総裁が一時停職処分に=特定政党に不正な便宜供与か?  ブラジル連邦政府は16日、連邦貯蓄銀行(CAIXA)の副総裁12人の内、4人を期限付きで職から解くことを決定したと16~18日付現地紙・サイトが報じている。  昨年末には連邦検察庁や連警が、汚職に関与の疑いありとして12人の副総裁全員の解任を求めていた。一旦これを拒 […]
  • 「ルーラは第2のマンデラ」か?2018年1月5日 「ルーラは第2のマンデラ」か?  今月24日から、南大河州ポルト・アレグレにある連邦第4地域裁(TRF4)で、ルーラ元大統領の収賄疑惑の裁判が行なわれる。同氏にとって2審目のこの裁判で1審どおり有罪となれば、フィッシャ・リンパ法適用により、10月の大統領選に出馬できなくなる▼だが、仮に有罪判決が出たと […]