ホーム | 文芸 | 連載小説 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(50)

わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(50)

 その趣旨目的は
① 青年隊渡伯15周年祭資金造成
② 県系人社会の慰安と親善交流
③ 敬老の意味で75歳以上の高齢者特別招待する
④ 沖縄の祖国復帰祝賀
歌手の参加申し込み 開催一週間前までに申し込むこと
歌手と伴奏者の氏名を明記の上用紙で申し込むこと

審査委員長 仲本魁作  
   委員 和宇慶朝六 渡名喜庸栄 
      津嘉山憲一 新城清助 与那覇朝典
      小橋川蒲助 宮城調次 
      徳田有次郎
司会 池城行雄 仲宗根正憲 久場川サワ子
受付・準備・進行・記録は青年隊役員がそれぞれ責任をもって配置

審査方法 
① 自然のままの歌い方  40点
② 姿勢         20点
③ 調子         20点
合計80点満点とする。

名称 青年隊主催 素人のど自慢民謡大会
日時 1972年6月18日午後4時
場所 サント・アンドレー支部会館

 歌手36名が名乗りを上げ午後4時開始午後8時終了。後援団体の積極的な協力と主催者の努力により、会場は超満員で盛大な大会となった。
 その結果成績は次の通り発表された。

 優勝 平川トモ子(ビラ・ゼリーナ)
 二位 平川千恵子(ビラ・ゼリーナ)
 三位 城間 某(ビラ・カロン)

 こうして、県人社会の芸能関係者で名の知れた人々の審査の下で、初めての大会でありながら結果は大盛況で盛大な大会となった。
 青年隊にとって大成功、予想以上の資金が集り一挙両得の成果を得、目的を充分に果たすことが出来た。
 こうした資金造成事業としてののど自慢大会も成功を納めたが、最終目的は渡伯15周年記念式典祝賀会である。
 結局資金の目当はたち、実行委員の協力態勢もこの調子では大丈夫、安堵感をおぼえると共に渡伯15周年祭の成功を修めたかのような気さえ
するのであった。
 7月3日 役員会において、次の協議事項を審議して、15周年祭典の具体的準備を始めた。

協議事項
1.式典当日の役員職務分担
2.案内状の作成発送
3.パーティ及び接待料理について、コケシ食堂に一任
4.予算の件
5.アトラクションについて2時間を予定 カロン民謡クラブに一任する。
6.シンボルマークの配布について一枚5コントスで協力をおねがいする。
7.邦字三新聞に広告を出し、案内状を提供する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(73)2017年10月10日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(73)  然もその高校選抜チームの中に糸満市喜屋武出身の慶留間君がいた。  彼は、字米須のウマイキーナングスク生まれのオバーの孫にあたる少年ということで特別親近感を感じ、うるま会館に招き激励会を催し交流を図った。  これが契機となり1989年7月30日にはサンベンナルド・ド・カンポ […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (83)  山城 勇2017年10月25日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (83)  山城 勇  山戸は、急遽母国沖縄に妻子を連れて帰国しました。1927年の事でした。  その帰途四国の高知県に妻の実家を訪ね、3ヶ月滞在した後ブラジルに帰省した。  2度目の訪日は1968年で、米軍政の統治下にある郷土を再度訪問し、その変貌ぶりに驚愕したという。 篠原恵美子―― 父は […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(70)2017年10月4日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(70)  県人会では佐賀県人会からの案内状があって私は、沖縄県人会を代表して式典に参列、初めて井上武記者と対面することとなった。  そして取材後のひと時を利用してわが家に案内一族に紹介し夕食を共にした。  限られた時間のつき合いであったが、最近の若い二世たちに見られない規律正しい快 […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(71)2017年10月5日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(71)  出発は10月16日、18日那覇着。  翌日、県知事及び県議会議長表敬訪問、その後琉球新報・沖縄タイムス・琉球放送を訪ね、その翌日西武オリオンホテル集合し県の指定する公式日程にはいる。 ロゴマーク [趣旨] 海と太陽につちかわれた沖縄県の文化を象徴し、21世紀にむかって羽 […]