ホーム | 文芸 | 連載小説 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 | わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(72)

わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(72)

 県をあげて盛大かつ有意義な国民体育大会に特別に招待を受けた海外移住者は、35日ブラジルから188名、アルゼンチン80名、ボリビア20名、ペルー45名、メキシコ5名、北米60名、ハワイ68名にカナダ2名と7カ国から468名が大会場に集い特徴のある招待券を戴き、特別に仕切られた席について開会式を参観したのであった。

 翌々日27日には県と各市町村長会など11団体の主催で海外移住者レセプションが催された。

 こうした至れり尽くせりの歓迎振りに移住者たちは感激深く感謝の念を新たにしたのであった。
 特に移住以来、初めて里帰りした高齢者や戦前移民の皆さんにとってはその感を深くしたことであろう。

 さらに、31日には去った4月のオリオンビール創立30周年記念事業として、ハワイ・南米各国の花の国際交流事業が大々的に催され世話になった事、その返礼と云うことであろう歓迎会が特別に催された。

 その折各種団体代表や学識経験者や芸能団等260名の大型交流団が来伯して人的交流にも寄与し移住者に喜びと誇りをあたえた素晴らしい事業で多大な成果が期待されている。

沖縄タイムス ブラジル特集

1990年7月16日

 1990年8月23日より26日までの4日間、母県沖縄をかなめに世界のウチナーンチューのネットワーク構築を目的に世界のウチナーンチュー大会が開催される。

 それに先がけて沖縄タイムス社では世界最大の日本人移住国ブラジルの現状を紹介する意味で宮城松成通信員の努力で県人会とタイアップして「ブラジル特集」が組まれた。
 その一部を引用してブラジルに於ける県系人を紹介したい。

1987年7月30日

 沖縄県高等学校選抜サッカーチーム来伯沖縄県サッカー協会会長前原信明並びに高江洲理事長一行21名が夏季休暇を利用して初めて来伯した。
 サッカー王国といわれているブラジルの現地を視察見学し研修することを目的にして2週間サンパウロに滞在した。

 その間、コリンチァスやサントスクラブなどを見学したり、サント・アンドレージュニアチームと親善試合したり、またサンパウロ市のカンポ施設に宿泊して練習するなど、見学・体験しその目的を果たすことが出来たものと思う。

 それには知花重雄(二世)理事と国場ゆうそう理事(二世)が特別関心を持ってお世話してくれたことがその成果につながったと思う。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭2015年11月19日 W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭  サッカーのワールドカップ南米予選は18日に第4節を終えたが、ブラジル・セレソンは現時点で勝ち点7、得失点差3で3位につけている。 第4節終了時点での順位は以下のとおりだ。1位エクアドル、2位ウルグアイ、3位ブラジル、4位パラグアイ、5位チリ、6位アルゼンチン、7位コロンビア、 […]
  • ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ2018年8月14日 ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ  1908年に第1回移民船「笠戸丸」がサントスに着港し、沖縄県移民325人がブラジルの地を踏んでから110年――約190万人と言われるブラジル日系人のうち約1割を占め、その規模を遥かに上回る存在感を持つ沖縄系コミュニティ。その中核組織、ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長) […]
  • ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったら?2017年2月7日 ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったら?  「ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったらどうなるか?」というのは夢のような話だが、トランプ就任が時代の変わり目であることを考えれば、再考してもいいのではないか。トランプがTPP離脱を宣言したことで新しい動きが生まれている。ブラジルとアルゼンチンが1月31日、「日本、カ […]
  • ロシアW杯=南米地区予選突破に暗雲=ブラジル初の黒星スタート2015年10月10日 ロシアW杯=南米地区予選突破に暗雲=ブラジル初の黒星スタート  8日、チリの首都サンチアゴで行われた、18年ロシアW杯南米地区予選開幕戦で、伯国代表はチリに0対2の敗北を喫した。チリ相手の敗戦は15年ぶり、W杯予選開幕戦の黒星は史上初と手痛い結果となったと9日付伯字紙が報じた。 大黒柱ネイマールを欠く伯国は先発に前回大会経験者8人を並べた […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=862015年5月26日 パナマを越えて=本間剛夫=86  農業担当官はブラジルに駐在したことがあり、私が戦後二度目の旅行の際、サンパウロで日本人移住者の候補地選定に動向した間柄だったことを知って親しみが湧いた。彼はボリビアの底地ジャングルに新設されたサンファン移住地の農業指導者として駐在しているのだといった。 食卓を囲みながら、 […]