ホーム | 文芸 | 連載小説 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 | わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(57)

わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(57)

 訪日研修旅行については
①米国(ロサンゼルス・ハワイ)、日本、沖縄の観光
②父母の故郷を知らす。その国々の良さを知り、視野を広める。
③近親との交流
④同世代との交流
⑤青年隊移住者の努力(成果)を関係者が認識する。従って移住促進に寄与することにもつながる。

 「=訪日団一行沖縄着=祖父母らと感激の対面ブラジルから二世33人来沖」(琉球新報祇報道記事より抜粋)
 「わしがおばあちゃんだよ、こんなに大きくなって…」「お父さんの弟だよ、よく来たね」―-ブラジル移住青年隊子弟訪日研修団(賀数朝祥団長)の一行33人(女性6人)が、11日夜沖縄入り。
 那覇空港国内線ロビーでは移住二世の少年少女たちとその祖父母や親類が初めて対面、目に喜びの涙をため、抱き合う人々の輪がいくつもできた。
 同研修団は、在伯沖縄青年協会(山城勇会長)がブラジル移住満25周年を記念して「子供たちに父母の故郷・沖縄を見聞させ、疎遠になりがちな二世と沖縄の交流を深めよう」と企画したもので、団員は15歳から27歳の若者。

 研修団は同日午後9時30分、日本航空機909便で到着したが、那覇空港国内ロビーは親類や関係者が1時間前から続々と詰めかけ約300人に膨れ上がった。ブルーの制服に身を包んだ二世等が姿を見せると一斉に歓迎の拍手。
 少年少女らはたちまちそれぞれの祖父母や親類らに取り囲まれ、肩をたたかれたり、拍手攻めにあったりして温かい歓迎の渦に巻き込まれていった。
 ポルトガル語で育った少年少女らは片言の日本語しか話せないが、体で精一杯感激を表現、祖母や叔父の出迎えを受けた赤嶺イレニネさん(18)も「おばあちゃん」とカマドさん(78)の胸に飛び込みただ泣きじゃくるだけだった。
 2歳の時、母とブラジルに渡った山城一也さん(25)は「12歳の時ブラジルで別れた叔母さんに会えてうれしい。自分の生まれた故郷をこの目でよく見て帰りたい」と話していた。
 また、二世の照屋みゆきさん(16)は「父は沖縄のいいところばかり話すが、本当かどうか確かめたい。でも大勢の出迎えをうけ人情味あふれる人々の心に感動した」と片言の日本語で語っていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(73)2017年10月10日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(73)  然もその高校選抜チームの中に糸満市喜屋武出身の慶留間君がいた。  彼は、字米須のウマイキーナングスク生まれのオバーの孫にあたる少年ということで特別親近感を感じ、うるま会館に招き激励会を催し交流を図った。  これが契機となり1989年7月30日にはサンベンナルド・ド・カンポ […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (83)  山城 勇2017年10月25日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (83)  山城 勇  山戸は、急遽母国沖縄に妻子を連れて帰国しました。1927年の事でした。  その帰途四国の高知県に妻の実家を訪ね、3ヶ月滞在した後ブラジルに帰省した。  2度目の訪日は1968年で、米軍政の統治下にある郷土を再度訪問し、その変貌ぶりに驚愕したという。 篠原恵美子―― 父は […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(70)2017年10月4日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(70)  県人会では佐賀県人会からの案内状があって私は、沖縄県人会を代表して式典に参列、初めて井上武記者と対面することとなった。  そして取材後のひと時を利用してわが家に案内一族に紹介し夕食を共にした。  限られた時間のつき合いであったが、最近の若い二世たちに見られない規律正しい快 […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(71)2017年10月5日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(71)  出発は10月16日、18日那覇着。  翌日、県知事及び県議会議長表敬訪問、その後琉球新報・沖縄タイムス・琉球放送を訪ね、その翌日西武オリオンホテル集合し県の指定する公式日程にはいる。 ロゴマーク [趣旨] 海と太陽につちかわれた沖縄県の文化を象徴し、21世紀にむかって羽 […]