ホーム | 文芸 | 連載小説 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 | わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(60)

わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(60)

 Aさんは毎週土曜日には私たちのバンカへ野菜を買いに来るのです。底抜けに明るい彼女の性格は誰もが好感を持つタイプで、私も大へん親しみ易い方だと直感はしていたが、それに加えて彼女の主人もまた青年隊であると云うことで二人の親しさはますます増すし、今でも実姉妹の如き付き合いをしております。
 彼女はまた非常に寛大で、それに大変器用で、いろんなお菓子類や漬物等をよく作り、それを作る度毎に私たちは有り難く頂戴しているのです。そして私の娘等は云う。
 上の娘は「Aさんの叔母さんとママイは、ほんとの姉妹みたいだね。叔母さんは何でも作ったらすぐ私たちに持って来てくれる」と。

 また、末娘は、「Aさんの叔母さんとお話するのはとても面白い。どんなに怒った顔でも叔母さんのお話では、すぐ笑わせてしまう」等と。
 このようにして、とにかくAさんは大へん朗らかで、且つ人情深い性格の持ち主でもあります。
 次に、Nさんとは15周年の記念式典で初めて知り合った。
 その後日語学校の父兄会やその他の集いで会う機会が多く、益々近親感を密にしてお互いに境遇を語り合い、今では大へん信頼しあえる間柄であります。

 そのNさんは不幸にも20周年後間もなくして主人をなくして、その悲しみもようやく忘れかけようとする今年の2月、主人代りに頼りにしていた長男(21歳)もまた事故が原因で亡くしたのでした。
 二重の悲しみで気も狂わんばかりでしたが、家庭や周囲の温かい思いやりでやっと心のおちつきを取り戻し、今では毎日仕事に励んでおります。

 その家庭は人も羨む程教育に熱心でありますし、それに人一倍意志の強いしっかり者のNさんの事であり、今後幾多の苦難に遭遇しようとも、それをうまくのり越えて、教育途上にある子供たちをきっときっと人並以上に育て上げ、そして立派な家庭を築く事と私は信じているし、またそうであって欲しい、と祈念してやみなせん。

 次にGさんは先妻が病死され残された子供たち(2男2女)の所へやって来ました。云うなれば後妻であります。

 目立って心の優しいGさんは、大変世話好きでもあり、県人会支部、また婦人会、青年協会等の行事の場合、何時も率先して協力してもらっている方であります。子供たちとの折り合いもうまく、現在円満な家庭を築いております。

 その外、Oさん、Mさん、Iさん、Tさん、Yさん….とたくさんの方々が居りますが、私がこのような素晴らしい友人に恵まれたのも主人同志が青年隊である、と云う一つの絆に結ばれたゆえんからではないでしょうか。

 私は「青年隊の妻であってほんとに良かった」としみじみとその有難さを思うのであります。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(73)2017年10月10日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(73)  然もその高校選抜チームの中に糸満市喜屋武出身の慶留間君がいた。  彼は、字米須のウマイキーナングスク生まれのオバーの孫にあたる少年ということで特別親近感を感じ、うるま会館に招き激励会を催し交流を図った。  これが契機となり1989年7月30日にはサンベンナルド・ド・カンポ […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (83)  山城 勇2017年10月25日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (83)  山城 勇  山戸は、急遽母国沖縄に妻子を連れて帰国しました。1927年の事でした。  その帰途四国の高知県に妻の実家を訪ね、3ヶ月滞在した後ブラジルに帰省した。  2度目の訪日は1968年で、米軍政の統治下にある郷土を再度訪問し、その変貌ぶりに驚愕したという。 篠原恵美子―― 父は […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(70)2017年10月4日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(70)  県人会では佐賀県人会からの案内状があって私は、沖縄県人会を代表して式典に参列、初めて井上武記者と対面することとなった。  そして取材後のひと時を利用してわが家に案内一族に紹介し夕食を共にした。  限られた時間のつき合いであったが、最近の若い二世たちに見られない規律正しい快 […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(71)2017年10月5日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(71)  出発は10月16日、18日那覇着。  翌日、県知事及び県議会議長表敬訪問、その後琉球新報・沖縄タイムス・琉球放送を訪ね、その翌日西武オリオンホテル集合し県の指定する公式日程にはいる。 ロゴマーク [趣旨] 海と太陽につちかわれた沖縄県の文化を象徴し、21世紀にむかって羽 […]