ホーム | 日系社会ニュース | 加古川名物「かつめし」発信=副市長らマリンガ視察

加古川名物「かつめし」発信=副市長らマリンガ視察

(左から)来社した白水副市長、杉本さん

(左から)来社した白水副市長、杉本さん

 パラナ州マリンガ市と姉妹都市提携を結ぶ兵庫県加古川市から白水伸英(しらみずのぶひで)副市長とかつめし大使の杉本洋一さんが、7月15日から12日間、マリンガ市を中心に視察し、加古川市名物「かつめし」の広報活動を行った。
 白水副市長、杉本さんらは、同月17日に、マリンガ文化体育協会主催の日本祭りに参加。加古川市名産のかつめしの調理方法を現地の飲食関係者に教える交流会を行なった。
 かつめしは、50年代に加古川市内の洋食店により発案された、ご飯の上に牛かつをのせてデミグラスソースをかけた料理。白水副市長は「かつめしは加古川市民のソウルフード。学校の給食でも出ます」というほどで、同地の郷土料理として知られる。
 杉本さんは、「すでにマリンガのレストランでかつめしを出す計画が進んでいる。来年9月の日本食フェアでは現地の4つの飲食店がかつめしを提供する。マリンガを起点に伯国全土に広めたい」と意気込んだ。
 そのほか、今回で26回目となる加古川市の青年海外派遣事業で4人が同日程で来伯し、白水副市長らと共に同市議会への表敬訪問などを行なった。

□関連コラム□大耳小耳

 加古川市名物の「かつめし」は50年代にある洋食屋のシェフの発案で生まれた。当時はまだ洋食が普及しておらず、お客さんがナイフとフォークを使うのに苦労していた。それを見たシェフが「箸でたべる洋食」として、ご飯に牛かつを乗せ提供したところ大好評。牛肉は高級食材だったが、近く食肉加工所があり安い肉が手に入ったので瞬く間に広まった。今では市内で150店舗が提供しているという。ブラジル人は大の牛肉好き。今回はマリンガで宣伝したが、来年の県連日本祭りで出品すれば一気にブラジル中に広がるかも!?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • オザスコ日本祭り2万人来場!=リンス市長「日伯繋ぐ重要な行事」=40万枚の折り紙の龍展示も2018年6月14日 オザスコ日本祭り2万人来場!=リンス市長「日伯繋ぐ重要な行事」=40万枚の折り紙の龍展示も  ブラジル日本移民110周年を記念して、オザスコ日伯文化体育協会(荒木進会長)は「第9回日本祭り」を9、10の両日、同会の特設会場で開催した。主要舞台では多岐におよぶ演目が披露されたほか、充実した日本文化体験に多くの伯人客が押し寄せ、両日で延べ2万人が来場した。なかには […]
  • 県連と5県人会が記念式典=沖縄90、新潟と島根60周年=県知事来伯に強い期待2016年1月9日 県連と5県人会が記念式典=沖縄90、新潟と島根60周年=県知事来伯に強い期待  2016年の各県人会関係の式典は、ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)の50周年を筆頭に、茨城、新潟、島根、宮崎、沖縄の5県人会が開催するのみ。10団体を超える団体が式典を催した昨年と比較しては少な目といえそうだ。ただし、県連には多数の「記念事業」を行なう構想があり […]
  • 津市との姉妹提携40周年=2万人来場、オザスコ日本祭り2016年6月22日 津市との姉妹提携40周年=2万人来場、オザスコ日本祭り  オザスコ日伯文化体育協会(荒木進会長)が11、12の両日、同館の特設会場で『第7回日本祭り』を開催した。2日間でのべ約2万人が来場して、会場は大賑わいとなった。 ステージでは、伝統舞踊などの多岐に及ぶ演目が披露されたほか、焼きそばや天ぷらなどの屋台や日本製雑貨、アニメグッズな […]
  • りんごジュースはいかが?=青森県人会が取扱中2015年9月10日 りんごジュースはいかが?=青森県人会が取扱中  青森県人会(玉城道子会長)が、7月の県連日本祭りで売れ残ったりんごジュースを取り扱っている。価格は1リットル20レ、2リットル32レ。5本以上なら1割引きで購入できる。 玉城会長曰く、「聖市では日本祭りでしか購入できない貴重なジュース」だが、今年は売れ残ってしまったという。原 […]
  • ポルト・アレグレ日本祭り=南伯でも熱心に日本文化普及=姉妹都市・金沢の工芸品も2017年8月23日 ポルト・アレグレ日本祭り=南伯でも熱心に日本文化普及=姉妹都市・金沢の工芸品も  南大河州都ポルト・アレグレ市で19、20日、日本祭りが開催され、昨年の7万人を越える多数の人が訪れた。同市の日系人は約7千人と多くないが、このイベントの客数は年々伸びる一方で、コロニアの存在感を強めている。イベントが行われた会場ではアニメイベントも併催され、来場客は伝 […]