ホーム | 日系社会ニュース | サントス、移民の〝始発駅〟=ヴァロンゴ駅改修なる=市制458周年記念日に披露=「姉妹」の下関市から市長

サントス、移民の〝始発駅〟=ヴァロンゴ駅改修なる=市制458周年記念日に披露=「姉妹」の下関市から市長

1月29日(木)

 サントス港に降り立った移民に馴染み深いヴァロンゴ駅の改修工事がこのほど、完成し、二十三日夜、関係者にお披露目された。同市は二十六日に市制四百五十八年を迎えた。同駅の改築祝いを皮切りに市内各所で様々なイベントが繰り広げられた。市はジョゼ・メニーノ海岸に姉妹都市公園を整備。下関市から江島潔市長、中谷紀由市議、中田博昭市議ら六人が祝福に駆けつけた。
 ヴァロンゴ駅は港からほど近いサント・アントニオ・ヴァロンゴ教会そばにある。イギリス系のサンパウロ・レイル・ウエイ社が一八六七年に建築。市民だけではなく、移民の足としても親しまれた。
 市の重要歴史遺産の一つだが、建物の保存にかかる費用が捻出出来ず廃墟同然になっていた。同市を訪れた故マリオ・コーヴァス・サンパウロ州知事(当時)に窮状を説明、州が資金の一部を援助した。市も予算を組み、ようやく修築にこぎつけた。
 ベット・マンスル市長は式典でコーヴァス知事の業績を称えるとともに、「街の歴史の一部分がまたひとつ、保存された」と喜んだ。
 二階建てのうち一階部分に市の観光局が入ることになっている。来月一日までは「Festival Caros Amigos─Tributo do aos─Imigrantes e Cidade─Irmas」が開催中だ。
 姉妹都市の下関、長崎両市から贈られたポスターや鎧兜が、展示されている。第一回移民船笠戸丸の写真パネルもある。
 海外にある十三の姉妹都市のうち、ウシュアイア(アルゼンチン)、コンスタンタ(ルーマニア)、アロウカ(ポルトガル)、フンシャール(同上)、コインブラ(同上)、アンシオン(同上)、下関の七市が、式に合わせて来伯。サントスとの絆を確認し合った。
 七年ぶり二回目のブラジル訪問になる江島市長は「距離が遠いから交流は大変。でも同じ港町であることや歴史が古いという共通点もあり、いろいろな情報交換ができるはず」と話していた。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(26)2019年1月8日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(26)  そして1908年6月18日、笠戸丸がサントスに入港した。ブラジル初めての正式な移民が下船したのだ。781名の契約労働者と12人の自由渡航者だった。793人の先駆者のうち324人が沖縄出身だった。1914年まで9回にわたってサントスに着いている。総計1万4892人で、771人が […]
  • ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ2018年8月14日 ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ  1908年に第1回移民船「笠戸丸」がサントスに着港し、沖縄県移民325人がブラジルの地を踏んでから110年――約190万人と言われるブラジル日系人のうち約1割を占め、その規模を遥かに上回る存在感を持つ沖縄系コミュニティ。その中核組織、ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長) […]
  • 日本企業の果たす役割=ブラジル日本商工会議所会頭 松永愛一郎2017年6月28日 日本企業の果たす役割=ブラジル日本商工会議所会頭 松永愛一郎  6月18日「日本移民109周年」を迎えるにあたり、一言ご挨拶を申し上げます。  1908年、笠戸丸がサントス港に入港してから109周年を迎える今、日系ブラジル人の数は約190万人にのぼると言われております。  勤勉さと教育レベルの高さから広範な分野に進出し、ブラジ […]
  • 『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ)=(3)2016年10月22日 『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ)=(3)  マレッタで仲間の4人が去った後、残りの長谷 川武と堀部栄吉は、少し北のカショエイラ川の近くに移動した。そこは地主によると「マレッタの心配はない」ということであった。  しかし二人だけでは、どうにもならない。伝手を頼って、新しい入植者を探した。やがて安元茂吉・青太兄弟、原甚 […]
  • 2013年12月21日 救済会60周年と憩の園55周年 ニッケイ新聞 2013年12月21日 71年間も救済活動続け=戦中から邦人救護に専心  救済会の正式発足は1953年だが、その前身である「サンパウロ市カトリック日本人救済会」は1942年6月、戦争中にその活動を開始していた。コチア産業組合中央会のような食糧供給の国家的役割を担っ […]