ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》連邦検察庁=LJ担当者の大半を交代=ドッジ新長官が新陣容発表=不逮捕特権所有者らの今後は

《ブラジル》連邦検察庁=LJ担当者の大半を交代=ドッジ新長官が新陣容発表=不逮捕特権所有者らの今後は

就任式でのドッジ長官(18日、Marcos Corrêa/PR)

就任式でのドッジ長官(18日、Marcos Corrêa/PR)

 ラケル・ドッジ連邦検察庁長官が就任2日目の19日にラヴァ・ジャット作戦(LJ)担当者の新陣容を発表し、同日付官報にも掲載したが、特捜班(GT)の人員は8人に減り、継続するのは2人のみと20日付現地紙が報じた。
 新たに発表された検察庁本部付GTは、大統領や閣僚、連邦議員といった、不逮捕特権などを持つ人物を対象とする捜査や事情聴取、公判出席などを担当する。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ