ホーム | イベント情報 | 消えた故郷に思いを寄せ=ジャクチンガ会、12日

消えた故郷に思いを寄せ=ジャクチンガ会、12日

来社した山矢さん

来社した山矢さん

 聖州ポンペイア市近郊ジャクチンガ移住地の出身者が集う『第21回交流食事会』が、(10月)12日午前9時から山形県人会(Av. Liberdade, 486, Sala 24)で行なわれる。
 1936年に入植が始まり、綿花やとうもろこし栽培で栄え、最盛期には100家族が暮らした。同移住地は伯人経営の牧場になり住む人はもういないが、交流は継続している。
 同村の出身者も高齢化で、継続が危ぶまれながらも、継続の要望は絶えず、今年も開催されることになったという。例年、80人以上の出身者やその家族が集まるといい、持ち寄りの豪華な食事やビンゴ大会で旧交を温める。
 案内のため来社した世話役の山矢三郎さん(80、二世)は「故郷が消えても、今なお集っていることに驚く人もいるほど。豪華な料理を堪能しながら、一日を賑やかに過ごしましょう」と参加を呼びかけた。
 会費は25レ(10歳以下と80歳以上は無料)。加えて料理一品の持ち寄りを呼びかけている。問い合わせは山矢さん(11・3992・5656)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ