ホーム | コラム | 特別寄稿 | ピンドラーマ=10月号

ピンドラーマ=10月号

 コジロー出版社のブラジル情報誌『ピンドラーマ』10月号が発刊された。
 「ブラジル凸透鏡(とつレンズ)」は、リオ五輪に難民チームとして参加したコンゴ人柔道家、ポポレ・ミサンガの生い立ちを綴る。9歳の時に村を焼き払われ、母親が殺され、兄とも生き別れに・・。その後柔道と出会い、13年にコンゴ代表として世界選手権に出場するも、コーチに金も旅券も取上げられ食事も出来ない状況に陥る。
 好評連載中の「ブラジル版百人一語」「白洲太郎のカメロー万歳」「クラッキ列伝」ほか、恒例のグルメ、イベント、求人情報を掲載。
 日系書店、日本食材店などで配布中。問合せは同出版社(11・3277・4121)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル五輪委員会=ヌズマン会長が辞表提出=逮捕で遂に長期政権終焉2017年10月14日 ブラジル五輪委員会=ヌズマン会長が辞表提出=逮捕で遂に長期政権終焉  【既報関連】アンフェアプレー作戦第2弾で5日に逮捕されたカルロス・アルトゥール・ヌズマン・ブラジル五輪委員会会長が、11日に辞表を提出し、22年間務めた委員長職を去った。12日付現地紙が報じている。  辞表は、11日に開かれた委員会の会議中に読み上げられた。委員たちは既に、 […]
  • ブラジル選手が柔道でメダル4個=第29回夏季ユニバーシアードで2017年8月23日 ブラジル選手が柔道でメダル4個=第29回夏季ユニバーシアードで  台湾の台北で開催されている第29回夏季ユニバーシアードの柔道の部で、ブラジル人選手がメダルを4個獲得した。  22日にメダルを獲得したのは、女子52キロ級のエレウジス・ヴァレンチン(銀)と、同57キロ以下級のタミーレス・クルーデ(銅)だ。  エレウジスの決勝の相手は日本の […]
  • 東西南北2017年9月5日 東西南北  2日、サンパウロ市ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りを走行中のバスの中で女性の恥部に触った上、逃げようとした女性を捕まえて性器を押し付け、自慰行為を行ったとして、ジエゴ・ノヴァイス容疑者(27)が逮捕された。同容疑者がバスの中で同様の犯罪を繰り返したのは少なくとも17回目 […]
  • 大耳小耳2017年2月10日 大耳小耳  青森県弘前市とブラジル視覚障害者スポーツ連盟は、先月31日、20年東京五輪・パラリンピックの際に、伯国の障害者柔道チームの事前合宿を行うための協議を始める覚書に調印した。弘前市は、ブラジルに柔術を広めた故・前田光世(コンデ・コマ)の出身地。その縁から、同市が働きかけて実現した […]
  • リオ五輪組織委=1億レアル超の債務に苦しむ=各協会への支援も打ち切り2017年5月18日 リオ五輪組織委=1億レアル超の債務に苦しむ=各協会への支援も打ち切り  昨年のリオ五輪・パラリンピック閉幕から8カ月経ったが、リオ五輪組織委員会は今も1億1700万レアル(40億円相当)の債務に苦しんでいると、17日付現地紙が報じた。  本来の債務は1億3200万レアルだったが、五輪組織委は、債権者との交渉の末、1500万レアルの減額に成功した […]