ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ルッチ・エスコバル死去=軍政とも戦った大物演劇女優

《ブラジル》ルッチ・エスコバル死去=軍政とも戦った大物演劇女優

 ブラジル演劇界の大御所女優、ルッチ・エスコバルが5日、入院中のサンパウロ市の病院で亡くなった。82歳だった。6日付現地紙が報じている。
 1935年にポルトガルのポルトで生まれたルッチは、16歳のときブラジルに移住。そこで劇作家のカルロス・エンリケ・エスコバル氏と結婚し、50年代末にフランスで演劇を学んだ。
 60年にブラジルに戻り、劇団「ノーヴォ・テアトロ」を主宰。ブラジルは64年から軍事政権に入ったが、反軍政主義者のルッチは軍政の検閲とのせめぎあいの中で、ドイツの劇作家ブレヒトの「三文オペラ」や、シコ・ブアルキの戯曲「ローダ・ヴィヴァ」などを演じた。後者の上演中には軍の共産主義者摘発部隊(CCC)から侵入を受け、逮捕もされた。
 だが、フッチはそれに屈せず活動を続け、1974年にはサンパウロ市で国際演劇祭を主催するなど、当時の演劇界でリーダーシップを発揮。自身でも「バベルの塔」などの代表作に出演した。
 80年代には演劇の活動を休止し、政界に進出。83年と87年にはサンパウロ州議員選で当選し、州議を2期つとめた。
 議員退任後は演劇に戻ったが、2000年代初頭にアルツハイマー症を発症。その後もしばらくは演技を続けたが、一線からは遠ざかっていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本人は「こんなのは軍政以来」と嘆くも=過激言動で極端な賛否両論を巻き起こすカエターノ・ヴェローゾ2017年11月1日 本人は「こんなのは軍政以来」と嘆くも=過激言動で極端な賛否両論を巻き起こすカエターノ・ヴェローゾ  10月30日、このところ何かとお騒がせ続きの、ブラジル音楽界の大御所で国際的スターのカエターノ・ヴェローゾ(75)が、ホームレスの人たちによる不法占拠地域で開催する予定だったコンサートの中止命令を出された。  これを不服としたカエターノが、再び問題発言を行い、新たな […]
  • レナト・ルッソが没後20年=伝説のカリスマ・ロッカー、記念企画絶えず2016年10月12日 レナト・ルッソが没後20年=伝説のカリスマ・ロッカー、記念企画絶えず  10月11日、ブラジルが生んだ史上最高のロックバンド、レジオン・ウルバーナのリーダー、レナト・ルッソが世を去って20年が経った。  おそらく、ある年齢層より下の層にしてみれば、ブラジルの音楽界でもっとも聴かれ続けているポップ・ミュージックのアーティストはレジオン・ウルバ […]
  • 3日、議会に押しかけたロボン(Laycer Tomaz/Câmara dos Deputados)2014年12月5日 反ジウマの場所にロボンあり=言いたい放題の名物ロック歌手  大接戦に終わった大統領選挙が終わって1カ月あまりのブラジルでは、依然として野党陣営がジウマ政権に激しく楯突く姿がしばし見られる。12月も2、3日に、ジウマ政権側が提案した、基礎的収支の算出法の改定法案に対し、「年間目標が達成できないのはごまかせないぞ」とばかりに野党や抗議 […]
  • 大統領候補を音楽に喩えると?=有名歌手が推す候補者たち2014年10月4日 大統領候補を音楽に喩えると?=有名歌手が推す候補者たち  10月5日、ブラジルでは4年に1度の大統領選挙が行なわれる。今回の選挙は現職のジウマ大統領(労働者党・PT)が本命、アエシオ・ネーヴェス氏(民主社会党・PSDB)とマリーナ・シウヴァ氏(ブラジル社会党・PSB)が対抗する形で行なわれているが、「ブラジル音楽の有名人はどの候 […]
  • そして「彼」までも去って行った2019年8月16日 そして「彼」までも去って行った  「ついに『彼』までも離れてしまったか」。これが13日に、アレッシャンドレ・フロッタ下議が、所属の社会自由党(PSL)から追放処分を受けた際にコラム子が思ったことだ。そして同時にこうも思った。「ボルソナロ信者から離れるる人で一番やっかいなタイプはこういう人なんじゃないか […]