ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ》SESCがパウリスタ大通りで新装操業=最大の繁華街で人気施設に

《サンパウロ》SESCがパウリスタ大通りで新装操業=最大の繁華街で人気施設に

 4月29日、サンパウロ市でおなじみの文化施設SESCが市内最大の繁華街のパウリスタ大通り119番に新装再オープンし、早くも大きな話題を集めている。4月30日付現地紙が報じている。
 パウリスタ大通りのSESCは1978年から2005年に存在し、2010年にリニューアル工事のために閉鎖されていた。
 今回リニューアルされたSESCは、全17階建てと非常に大がかりなもので、オープンの日だけで50あまりの無料の企画が行われ、18時までに1万2千人もの人が来場した。
 できたばかりのガラス張りのビルはモダンな作りで、カフェを併設した高い屋上からの360度の展望も、美しいと非常に好評だ。
 SESCはスポーツ・ジムの他、コンサートや映画、展示会などを行うことができる文化施設が入っている。新装なったパウリスタのSESCでも、クラシックのシンフォニーからジャズ、MPBやヒップホップにいたるまで、かなりの大物の公演予定が早々と決まっている。
 本日1日からは、リニューアルの目玉企画と目されていたアメリカの芸術家、ビル・ヴィオラの展示会もはじまる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献2020年7月24日 ■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献  ボサノバや映画のシネマ・ノーヴォに貢献したことで知られる歌手、作曲家のセルジオ・リカルドが23日、入院先のリオの病院で亡くなった。88歳だった。  1932年にサンパウロ州内陸部マリリアで生まれたセルジオは8歳から音楽を学びはじめ、1950年にリオに移り音楽活動を開 […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 「早死伝説」が多すぎるブラジル音楽界2019年5月31日 「早死伝説」が多すぎるブラジル音楽界  27日、男性人気歌手ガブリエル・ジニスが小型飛行機の墜落で亡くなった。昨年、ラテン・ダンス調のラブ・ソング「ジェニフェル」が大ヒットし、これから国を代表する人気者になりかけた矢先だった。ワイルドながら親しみやすい容姿に、高音域がスカッと伸びる恵まれた声質、そして、「ジ […]
  • (ブラジル音楽賞)大ベテランが受賞を独占 シコ・ブアルキが大賞受賞2018年8月17日 (ブラジル音楽賞)大ベテランが受賞を独占 シコ・ブアルキが大賞受賞  ブラジルの音楽賞のひとつ、「ブラジル音楽賞(プレミオ・ムジカ・ブラジレイラ)」の授賞式が15日に行われ、シコ・ブアルキなどが受賞した。  ブラジル音楽賞は、ブラジルのアーティストの音楽賞としては、ムウチショウ賞やラテン・グラミー賞などと並ぶ、大きな賞のひとつだ。今年 […]
  • アニッタがサンパウロ市制記念コンサートの目玉に=現在、世界で人気のセクシーな歌姫2018年1月10日 アニッタがサンパウロ市制記念コンサートの目玉に=現在、世界で人気のセクシーな歌姫  今月25日のサンパウロ市市制記念日恒例のコンサートに、今年はアニッタが出演することがわかった。  アニッタといえば、デビューした2013年から、ブラジルでは常にトップスターの存在で、16年のリオ五輪の開幕式ではカエターノ・ヴェローゾとジルベルト・ジルといった大御所と「アクア […]